お絵描き

IX法を意識して、ボールペンでライラックを描いてみた。

IMG_5500.jpg

1時間半くらい。
スポンサーサイト

「トルコ速読協会」

トルコでは、教育後進国のコンプレックスが強く、外国のメソッドをありがたがる傾向がある。

国定教科書の最後のページを見ると、引用した外国の教科書のリストが延々2ページも載っている。

子供があきれ果てて「見てみい、トルコの教科書はコピペばっかりや。いったい、どのページを自分らで書いたんや」

教育省の県支部が、小中学校教員向け夏休み研修のお知らせを学校に送ってきていたが、内容といえば、

「モンテソッリ 速読 そろあん」 となっている。 海外発のメソッドばかり。講師を招いて、研修をやるのだろう。

ところで、速読だが、頭がよくなるメソッドとして、結構知られている。

小1から、一分で何単語、と具体的に目標を決めて、音読させる先生も多い。

アンカラママは、トルコ速読協会?の主張を読んでみる。

hizliokuma.orgより

遅い 160単語以下/分 速い 350~800単語/分  超高速 800から1300単語/分

80から160単語  遅い読者。集中力に問題があると言える。このレベルの読者は、一般的に理解力が低い。
160から220単語 トルコ平均。このレベルの読者は、集中力、理解力ともに、一般的に低い。
220から320単語 トルコ平均よりは上だが、西側先進諸国の平均であるにすぎない。
320から500単語 平均よりは上だが、速読に要する集中力の端緒にすぎない。
500から800単語 トルコ・西側先進諸国の平均の上のレベル。この速度で読む大半の読者は、インターアクティブで、正しい速度で読む傾向にあり、速読のコースを履修したことが伺える。読む速度とともに、理解力も上のレベルである。
800から1300単語 1300単語以上の速度は、物理的な側面から、理論上不可能である。このレベルの読者は、800から1300単語の範囲で読むが、理解を伴わない場合がある。しかし、特殊な教育を受ければ、800以上でも、理解を伴いながら読むことが可能なことが知られている。

*****メガ速読セット****
世界速読の権威、TONY BUZANと 記憶術の世界チャンピョン MELIK DUYAR(トルコ人)が監修したこのセットは、欧米や日本で使われています。  

引用終わり

おや、マインドマップで有名な方ではありませんか・・

ちょっと調べてみた。

WPMについて。(1分あたりの単語数)
WIKI英語版から。2012年の調査では、ラテン・キリル文字使用の17言語の調査の結果、一番遅いのがフィンランドの160前後で、速いのが英語の180前後となっている。これは、文法構造や書記法の違いからくる。ひとつの単語が長いフィンランド語では、WPM
が下がり、ひとつの単語が短い英語では、WPMは上がる。

引用元を見てみる。各国の詳細が載っている。
http://iovs.arvojournals.org/article.aspx?articleid=2166061
表1で、同一内容のテキスト各国版の、単語数一覧。
同じ内容でも、英語に比べ、トルコ語やフィンランド語は、単語数が少ない。
表2では、WPMが載っているが、トルコ語は、フィンランド語と同レベル。

これだけでも、上のサイトの説明が、インチキであることがわかる。
何が「集中力や理解力が低い」だよ。

確信犯か、単なるアホが作ったサイトか・・・

ところで、うちの学校でも、去年5年から8年までの中学生向けに、国語科の先生が速読セミナーやったらしい。

どんぐりワークショップでは、こういうことも先生たちと話し合っている。
みんな、今までなんとなく違和感を持ってたのが、数字のデータを見せると、納得。

思考の説明

先生たちとのワークショップ風景をご紹介。

アンカラママが、左に6個の○、右に4つの○を描く。
「同じ数にするには、左の○をいくつ右に移動すればいいですか」
先生が、即座にひとつと言う。

アンカラママ「今の思考の動きを見てみましょう。非常に早いので、通常は意識していません。まず、左の○と右の○を見て、「比較」をして、どちらが多いか確認しました。それから、差の部分を発見し、差を分配しました。ここで、「移動」の思考をしました。頭が働かない子は、この動きができていないのです。

小1数学の指導項目で、もちろん「比較」という概念は出てきます。1対1対応もやります。ところが、次の「移動」が意識的に出来る子が、今の時代、育ちにくいのです。
例をあげます。私は先月、チェススクールに行って、どんぐりの体験授業をしてきました。チェス歴1年とか、2年とかの、先生が非常に賢い、と言う小1生が3人いました。そこで、上記の問題を聞いてみました。もちろん、絵に描いてあります。ところが、正解者は1人もいませんでした。全員が答えは2つだ、と言いました。

先生「びっくりする話だわね。だって、「移動」ができなくて、どうやってチェスをやっているの」

アンカラママ「応用ができていないんですよ。コマの動きを、全部先生におしえられてるでしょう。自分で生み出した思考ではないのです。うちの学校だって、幼稚部から低学年までチェスの授業があるじゃないですか。でも、数学で、それが生かせてるとは言いがたい。自分の意志でなく、周りから知識やパターンを提示されても、強力な思考モデルになってないんですね。

上の問題は、本当に単純な例です。こんなに簡単な問題でさえ、子供たちは頭を使おうとしない。

ですから、今の時代、何が求められているかというと、「比較」「移動」「変形」「複写」を意識的にする体験、教材なのです。問題を、すぐに計算で解いてしまっては、一見賢くなってように見えますが、大事な部分が育てられないことになりかねないのです。

ところで、私たちは、今の問題のために、最初に何をすればいいか、ほとんど意識しなかったと思います。反射的に答えが見つかりました。無意識に近い領域で、思考をしました。見るだけで、小脳が、超高速で答えを教えてくれたのです。私たちの小脳に、思考モデルがあるんですね。どうですか、実感できましたか。」

アナドル大学教育学部で、セミナー開催

エスキシェヒールのアナドル大学から、教育学部の学生さん向けに、2時間のセミナーを頼まれた。

最大200人入る会場らしいが、参加者数がまったく読めない(大学の先生も言ってた)ので、前もってレジュメを作るのが難しい。

となると、やっぱりpdfがいるなあ。少人数なら作品を直接見せたほうが早い。

ま、大学は家から徒歩2分だし、会場費はかからないから、赤字にはならないけどね。

中学の数学の先生とのワークショップも進行中。





倍の理解

3年生。2桁以上の割り算が終わり、担任の先生は倍数算をやっている。

トルコはスパイラル方式なので、倍数算を低学年から毎年扱う。しかし、3年生で理解する子は少なく、パターンを覚えても、応用問題を自在に解けるようにはならない。

アンカラママのサイトを見て、今年も相談メールが来たが、ほとんどが3年生の保護者だ。子供が問題を解けないのを見て、悩み始める。

2016-2017年度の共通教科書に出ているのは次の問題。

ウサギ----ビーバー-----リス の線分図があり、ウサギからリスまでの距離は80m。
ビーバーからリスまで距離は、のウサギからビーバーまでの距離の3倍とすれば、ウサギからビーバーまでの距離はいくらか。

さて、アンカラママは今の時期だけ、例外的にどんぐり問題でなく、宿題に出てくる一般的な問題の絵図の例を見せる。

最初に、

「元の数を3倍して2を引くと28になる。元の数はいくらか」と言う問題をみんなに解いてもらう。これで、各担任の先生が、どういう解き方を教えているかわかる。

皆、いっせいに
(□×3)-2=28 と式をたて、×の下に÷を記入、-の下に+を記入している。28+2をし、30÷3で元の□にたどりつく。

典型的なパターン解法だ。さらに、その日の宿題で、これの類題(モノの名前と数字だけが変えてある問題)を10問ほどやる。先生はこれで「定着・習熟」を狙う。

ちなみに、□+□+□-2=28 と書かせる先生もいる。この人は「私は図を使って教えている」という。

翌週。

「ポケットにあるお金があと3倍あれば、合計60リラになる。ポケットにあるお金はいくらか」の問題をやってもらう。
問題を読むだけで、皆が「わかった!簡単!20リラ」と得意顔で言う。

その場にいた担任の先生の顔が、とたんに険しくなる。
なぜなら、2日前に、この手の問題を扱ったばかりで、その日の宿題にも類題が出ていたからだ。

アンカラママが、「まずみんなにやってもらいましょう」と言う。25人中、正解しているのは2人のみ。
先生は腹立たしげに「これで、みんなが授業を聞いていないのがわかったわ。正解の2人は、あとで表彰しなくてはね」

やれやれ、悪いのは子供か。

なぜ、中学の数学の先生が「子供たちが倍を理解せずに中学に上がってくる」と言っているのか。

なぜ、このやり方では、子供たちが倍を理解できないのか。

先生から見て、悪いのは子供と保護者、保護者から見て悪いのは子供(と先生)。いつまでたっても改善されない。

この時期、完全に理解しないまま、パターンを強要されている3年生は、同じどんぐり問題をやっても、2年生よりも反応が悪くなることがある。「考えられない頭」になっていて、週1のどんぐりでは勝てない。

さて、アンカラママはそのあとポケットを4つ描き、合計60リラ、という簡単な絵図を描いてみせる。
どんぐりでなくても、普段の問題も、こうやって解けるのだ、というお手本。

FC2カウンター
プロフィール

アンカラママ

Author:アンカラママ
トルコ エスキシェヒル在住

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR