仮分数見えた

下の子、先取り学習はしていないので、分数は教えていない。
普段の会話で、真分数だけ、さりげなく使うようにしている。

今日、どれくらいわかっているのか、オセロのコマで、ちょっと試してみることにした。

○○○○
◎◎
を並べ、「○は◎の何倍?」「2倍」

「◎は○の何倍?」「2分の1」

ちょっと意地悪問題。

○○○
◎◎◎◎
「○は◎の何倍?」「4分の3」

「◎は○の何倍?」ちょっと考えて、「3分の4、でいいの?」
「うん、いいよ。でも、何でわかったの?」「数えただけや。分数はこういうのもいけるんか。」

4年になったら学校で教えてもらってね~で終わらせるはずだったんだけど。

スポンサーサイト

1km原体験

アンカラママが小学4年のとき、1kmを実感するために、学年6クラス全員で学校から1キロの距離を歩いた。
それは、確かな、自分の1kmの基準になった。子供の足で、15分かかったのも覚えている。

メートルの基準は、学校のプール。
5m、15m、25m。すぐに長さを思い浮かべられる。

kgの基準は、トレーニングのために、リュックサックに砂袋を入れて、重さをばねばかりで測っていたときのもの。10kg、20kg、30kg。自分の体にかかる負荷で、およその重さがわかる。
子育て中の親なら、子供の体重を思い浮かべるだろう。

1kgは、1L牛乳パック。でも、500gは再現できない。自分の中に、基準がない。

500の数は、小学校のときの全校生徒の数。朝礼で並んでいた光景を思い浮かべる。
阪神大震災は、約6000人がなくなった。あの光景のざっと10倍。

今度、寺子屋メンバーで、1km歩こう企画でもやるかな。
どこに行くにも車ばかり乗ってる子達だから。
FC2カウンター
プロフィール

アンカラママ

Author:アンカラママ
トルコ エスキシェヒル在住

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR