「ラビット・ケロ子さん」の翻訳

<6MX42> ラビット・ケロ子さんはウサギ飛びとカエル飛びで学校に行きます。ウサギ飛びだけで行くと1時間20分、カエル飛びだけで行くと1時間丁度で学校に着きます。家を出てから45分間をカエル飛びで行くとすると、残りは何分間ウサギ飛びをすれば学校に着くでしょう。家から学校までの距離は6824.3517mです。
……………………………………………………………………………………………

下の子が解けたので、トルコブログに載せることにした。どんぐり問題の翻訳は5MXの途中までしかできていないので、これだけ別個に訳そうと思ったのだが・・・

ラビット・ケロ子さん だよ・・・

ウサギ飛び カエル飛び 

んなもんトルコ語にない。

バッタが(飛び跳ねる)スチラマ シュッとすばやいニュアンス
カエルが(飛び跳ねる)ズプラマ バネが効いているニュアンス
外来語ホップのトルコ語化 ホプラマ 嬉しくて跳ねているニュアンス

名詞形にして、使いわけるか・・。

これを、徒歩と自転車みたいな味気ない訳にするのは簡単なんだけど。

子供の絵では、ラビットケロ子さんは、変身癖があって、カエルにもウサギにもなれるようだ。

これ、頂いて、冒頭に入れちゃおうかな・・ラビットケロ子さんは、ウサギにもなれる、魔法使いのカエルです。とか。
スポンサーサイト

頭の簡易健康診断

どんぐり倶楽部の、頭の健康診断の簡易版がある。

チェック用問題が、各学年1問ずつになっているもの。

寺子屋に来てくれる子に、通常版をしてもらうと、各学年5問は多すぎるから、2問くらいの方がいいと思っていた。

というのは、うちに来てくれる子は、口コミだから、誘ってくれた子のどんぐりノートを、一度は見ている。だから、頭の健康診断の問題も絵を描くらしい、と思い、やたらと時間がかかり、ある程度の傾向はわかるものの、あまりうまく行かなかった。

ところで、簡易版に出ている問題を見ると、年長でくらげ問題、1年でお庭のカメ問題、2年でチビチョビ問題、3年でメエメエさんお菓子問題、4年でニョロの風邪問題、5年朝太郎アメ製造機問題、6年ケロ子さんのカエル・うさぎ飛び問題になっている。

もし、アンカラママが、どんぐりをはじめてやろうとして、自分を診断してみた場合、くらげ問題が解けなかったかもしれない。1年のも、寺子屋の父兄がよく間違えるくらいだから、アンカラママもひっかかったかも。2年のは、できたと思う。3年のは文字式で解いただろう。4年のはできなかった可能性あり。5年、6年のは解けたと思いたい・・

下の子(どんぐり歴約2年、8歳)に、6年の問題をやらせてみると、

ケロ子さんはウサギ飛びとカエル飛びで6km先の学校に行きます。
ウサギ飛びだけで行くと1時間20分、カエル飛びだけで行くと1時間丁度で学校に着きます。家を出てから30分間をカエル飛びで行くとすると、残りは何分間ウサギ飛びをすれば学校に着くでしょう。


学校で速さの問題なんてやったことがないから、公式も知らない。線分図上にカエル飛びの10分ごとの目盛を書き、ウサギ跳びの目盛がどう重なるのか考えている。80分も、1時間を引いた20分も6で割り切れないと、難しいとあきらめかけたが、図をじっと見ていて、1時間20分の半分なら出せる、と分かり40分と出た。

4年の問題までは以前に正解しているから、残るは5年アメ問題だけだ。(1年後に正解した。小3)

下の子が年長のとき、日本で3か月間だけく○ん式に行かせたことがある。最初は好きな数字に触れられるので喜んでいたが、すぐに「つまらん」と言い出した。答の数字を装飾したり書き殴ったり。1+1、1+2、みたいな教材を延々と繰り返すので、先生に聞いてみると、ミスが多いのと、制限時間内にできないので、なかなか進めない、とのことだった。すぐに上のレベルに進むもの、と思っていたアンカラママは、がっかりした。

そのままトルコに来たので、続けられなかったが、よくぞ続けなかったものよ、と改めて思った次第。

トルコブログのコメント紹介

トルコ人のお母さんが、トルコブログにコメントを寄せてくださいました。

この素敵なサイトを見つけて、どんなに自分を幸運だと感じているか、きっとあなたにはお分かりにならないでしょう。2002年生まれの娘がいます。今まで、どんなに間違ったやりかたで勉強をさせてきたのか、振り返るたびに、胸が痛みます・・・何より、娘のために。私は、盲滅法に、大量の問題を解かせれば成功する、と信じていたんです。今、私たちの人生に、新たなページが開かれました。私たちは何ができるのか、知りたくてうずうずしています。

返信コメント
わかります、私もどんぐり倶楽部のサイトを見たとき、同様に感じました。私は子供に心からあやまりました。長い間「どうしてわからないの!この間教えたばかりなのに!」と、子供を叱り続けたのに、子供は私を許してくれました。宿題はたったの2問にしました。子供はびっくりしていました。「本当に?ヤッター」と言いました。今は一緒に、勉強しています。子供が問題をやっている間、私も他の問題を解いています。楽しみながらやっています。答が間違っていても、一生懸命考えたことを誉めてやります。子供は喜んで、抱きついてきます。とても幸せです。子供を信じています。やっと本当の母親になれた気がします。私はもう、大声を上げたりしません。まず私たち親が変わらなければならないのです。全てはそれからです。

FC2カウンター
プロフィール

アンカラママ

Author:アンカラママ
トルコ エスキシェヒル在住

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR