どんぐり@トルコ

トルコでどのくらいどんぐりが広まっているか。

アンカラママが把握しているところでは、イスタンブールのブユックチャムルジャ コレジのメティン先生が勢いよく活動中。九九を知らなくても、掛算割り算の問題を解いてしまう子供たちを見て感激。ほかの学校に説明に出向いたり、イスタンブールのギフテッド研究所のサマースクールにも招かれ、どんぐり実践。このとき、糸山先生にもアドバイスをいただいた。

それから、アンカラママのサイトの翻訳も時々助けてくれる、先生の卵さんが先生になり、どんぐり使用中。

個人ユーザーでは、A君はアンカラの有名私学で特待生試験合格。4MXまでやったとのこと。

Zちゃんは私学で学年1位、奨学金ゲット。エトセトラ・・

うちの子は、小6の上の子は分からん張を残すのみ。小4の下の子は、5MX。この秋から、3年ぶりにトルコ現地校に通うことになった。

そこの校長先生は、プログラムにメンタル算数(そろばん、そろあん フラッシュ暗算)を取り入れようとしていた。

メンタル算数は、脳の活性化という、アンカラママの脳内では、すでに化石と化した理屈を武器に、トルコの私学を中心にブームを起こしつつある。先日、アンカラのマヤコレジでも、全国大会が開かれ、大盛況だったようだ。

うちの子らが学校で毎日フラッシュ暗算させられるとか?

トルコに来てまで、何の冗談か。

思わず、暗算が早くできてもひとつの能力にすぎないこと、脳の活性化理論は、ほかの脳科学者からも疑問符がついていること、などを説明し、どんぐりを説明するアンカラママ。


校長先生「じゃ、お母さん、あなた学校で教えて頂戴」




・・というわけで、アンカラママ、いきなりパート教師になってしまった。





スポンサーサイト
FC2カウンター
プロフィール

アンカラママ

Author:アンカラママ
トルコ エスキシェヒル在住

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR