また新聞載った

star19042014

※写真はイメージです

って、何で他の授業の写真載せるんだか~

子供らの ぐちゃぐちゃの 書き直し満載の ノートが
認められる日が来ますように・・・
スポンサーサイト

歩みは遅くとも・・

0MX69 

てっぺんに はんぺんが ついている おでんの くしを 30ぽん かいました。
まいにち 5ほんずつ たべるとするとなんにちで たべおえることが できますか。

先週、1年生はこの問題をやった。

90%の子供が正解。「きょうのは むっちゃ かんたん~」というつぶやきがあちこちで聞かれた。

並べて描かずに、紙いっぱいに描いた子達は5本ずつ数えるのに苦労するのだが、5本ずつ数える、ということができているだけでも進歩している。

どんぐりを続けていると、アンカラママも担任の先生も子供たちも、この状態を当たり前と思ってしまう。

その日の夕方、3年B組の担任の先生(どんぐりの授業には来ない人)が、新しく転入してきた子供の補習を職員室でやっていた。

職員室というより、職員詰め所、という感じで、共同机がひとつあるだけなので、1年B組の先生や、アンカラママも、一緒に座って仕事をしていた。

「30冊の本を1日3冊ずつ読んだとしたら、何日で読めますか。これは何算を使うの?問題を大きな声で読んでごらん!ボーっとするんじゃないの、しっかり考えなさいっ」

3年の男の子は、萎縮して固まってしまっている。

思わず、1年B組の先生と、アンカラママの目線が合った。

****************************************************

1年A組の先生は、厳格なタイプの女の先生。

数ヶ月前より、どんぐり問題のトルコ語訳を一緒に見直ししてくれている。

「9月に、マルマリスで私の親戚が新しい私学をオープンするから、そこの幼稚部から4年生まで、全員にどんぐりをさせたいと思っているの。」

マルマリスは、エーゲ海の有名リゾート地。夏はヨーロッパからのツーリストでにぎわい、「え、ここがトルコ?」というような街である。

「私たちの作業の成果を、広く生かさなくちゃね。校長にももう話をしてあるの。式もなにもいらない、お絵かきだから大丈夫って」

開校の際には、アンカラママも研修に協力する予定。

どんぐりの授業が新聞に

きのう撮影した写真が、トルコ大手紙のアンカラ地方版に載った。

学校が新聞社に写真と文を送っただけなんだけどね。

新聞記事

ボードにほとんど何も写ってないのが残念。

いつもどおり、普通にマーカーで描いてたら良かった。

「数学教育で日本方式」

オヤアクンユルドズ学校では、数学教育に{日本どんぐり}方式が使われています。{すべての子供は発見されるのを待つ星である}をモットーに教育を開始したオヤアクンユルドズ学校の、ユニークな教育法が注目されています。{日本どんぐり}方式は、数学の解法を暗記する代わりに、思考力を使うことを重視し、5歳から9歳までの生徒、即ち幼稚部から4年生までの教育に使われています。どんぐり方式は、そろばんを使った{そろあん}とは違い、数学の抽象事項をひとつひとつ具象化していくものです。授業は日本算数の専門家によって行われています。

↑これだけ読んでも、たぶん、具体的に何をやってるのかさっぱりわからんだろうな。

{専門家}はこの日曜も、今週の授業のことでアタマがいっぱい。

2年生は、いよいよカード製造機問題に入っていくのだ・・

なんで答えを言うのよ!

2年生は、本当は自分で問題を読ませることもできるのだが、どうしても参加しない子が出てくるので、2年目の今も一行ずつアンカラママが問題文を読んでいる。

2行目くらいまでは全員の絵図を確認してまわり、その後は、頃合を見計らって、問題を印刷した紙を配っていく。

さて、絵図がどんぴしゃだった子は、(問題の先を予想して、絵図の続きを自分で描く子が多い)早いペースで答えが分かってしまう。きびしく口止めしているにも拘らず、小さな子供のこと、得意になって答えをみんなに言ってしまうケースが後をたたない。

すると、少なからず周囲は影響される。絵図が未完成でも、答えは書いて持ってくるから、こちらには簡単にバレてしまうのだが、「算数は答えを出すためにやっている」と刷り込まれている子供たちのアタマを変えるのは楽ではない。

「問い」の部分をカットした、状況図だけを要求することもあるのだが、勝手に「問い」を創作し、「答え」を書いて持ってくる子もいる。

先日のこと。

調子に乗って答えをばらした男子に対し、女子数人が

「何で答えを言うのよ!わたしは分かりたいんだ!」

目を三角にして叱り飛ばした。

現在、ツイッターもyoutubeもアクセス遮断されているトルコだが、

そのせりふには「いいね!」を100個つけてあげたい、と思った・・・





FC2カウンター
プロフィール

アンカラママ

Author:アンカラママ
トルコ エスキシェヒル在住

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR