夏休みのお知らせ

今年もまた夏休みが近づいてきた。

ボランくんとも、公立小の子供たちともお別れ。

ボランくん、約7ヶ月間、いろいろ大変だったけど、楽しかったね。
あんなに毎日歌をいっしょに歌ったのは、これまでの人生でなかったなあ。
近所の人が、いつもボランくんに「神様のお恵みがありますように」と祈ってくれるから、
何回か一緒に路上でスピードくじを買ってみたけど、100円しか当たらなかったね。

手袋がきらいなボランくん、アンカラママとつないでいる手を、一緒にコートのポケットに突っ込んで、握り締めていた。

最後の月、療育の先生たちが、ボランくんの反応が良くなってきた、今までで一番の授業ができた、って口を揃えて言ってた。
ボランくん、2語文まで、あと一歩だよ。
神様のお恵みがありますように、ボランくん。

路上で物乞いをしているロマの少年。
以前、イズミット大地震が起こったとき、日本の大学生たちが、絵葉書を販売して義援金を送ったときの、残りの絵葉書が、500枚ほど手元にあったのをあげた。
本当は、子供が路上で物を売ってはいけないのだけど、大人は彼らを守ってはくれない。
少しでも生活費の足しになるように。

黒目が美しいイラク人少女サリーちゃん。
別れ際に、「あなたのこととても好きよ」と言うと、
「私も、私も大好き!」彼女のトルコ語も上達してきた。
最後の週まで、相変わらずアンカラママの方ばかりみてくるのだった。

公立小では、どんぐりをしたあと、自分たちで作品を壁に貼ってもらっていた。
はがして、ファイリングするのも子供たち。
子供でも、信頼してまかせたら、ちゃんとやってくれる。

来期は、どんな出会いが待っているのかなあ。

ブログは9月末までお休みします。いつもご訪問、励ましありがとうございます。
それではみなさま、良い夏をお過ごしください。


スポンサーサイト

天気の話

「うん、雨がきそうだな。よし、何時に降り出すか確認しよう」

子供の前で、得意げにスマホで局地予報を見る父親。

空をみて、雲を見る、湿気を感じる、風を感じる、

人間に本来備わっていた感性は、根こそぎパーである。

高校時代、数百枚の天気図を描き、胸をときめかせながら、地元の気象台を訪ね、天気関係の本を買いあさった母親は、忸怩たる思い。

当時の気象台は、大きな模造紙に、手書きで、エンピツで等圧線を記入していた。おお、さすが、と感涙した。

海洋に台風が発生しているので、スタッフを集め、ミーティングをしていた。旧神戸海洋気象台である。

ところで、数年前に、子供と一緒に日本の気象台イベントに行ってみたら、

2人の女性がパソコンのモニターの前に座っており、少し後ろに、上司らしいおっさんが、腕組みして、腰をずらしてヒマそうに座っていた。

子供たちが見学にきたときくらい、忙しい振りでもすりゃいいのに。。。と思った。

日本では、普通の民放でも、天気図を解説し、予報するが、それは視聴者がそれなりに理解できるからだ。

こちらでは、各地の予報が一覧で写るだけ。何の解説もない。
天気も日本ほどくるくる変わらないし、台風もない。農業をしている人でなければ関心も薄い。

地球上のどこの天気図もパソコンで調べられるのだが、アンカラママには、今はそこまでの情熱もない。

ただ、「ああ、いま寒冷前線が通過してるな」などとひとりごちるだけ。

ところで、ボランくんの学校の社会見学で、アンカラの気象台に行く機会があった。

といっても、現在の気象台は、見学を断られたため、昔の観測道具を陳列してある小さな博物館である。

マニアでなければ何の興味も引きそうにない、古びた道具の数々。

ボランくんがすぐに騒ぎ出し、私たちは博物館を出て、お庭で時間を過ごしていたのだが、

30年前の情熱を思い出し、暫し感傷にひたったアンカラママだった。

ボランくん、自分の名前が言えるように

11歳、重度自閉症のボランくん。お世話をはじめてもうすぐ半年。

今まで、相手が理解できる言葉は、10個程度しかなかった。

療育で、先生が何を言い聞かせても、口から出てくるのは「ナーナ」だった。

いつも口呼吸しているので、バスに乗っているときなど、機会を見つけては、口をつまんで鼻呼吸をさせた。

息を口から吸うときに、発声して、呂律がまわらないから。

ハミガキのあと、うがいをさせて、水を吹き出す練習を毎日。

道端にさいている、たんぽぽの綿毛を見かけては、吹き飛ばさせた。

アンカラママの顔に、思い切りつばが飛んでくることもある。

舌を出す練習。頬を膨らませる練習。

破裂音は、まだ無理なのだが、Bの発音が出来るようになってきた。

1ヶ月前から、療育の先生が、ボランくんの発語に上達が見られる、と言っていた。

今日、名前を、父兄に聞かれたときに、はじめて、「ボラン」と発語した。

FC2カウンター
プロフィール

アンカラママ

Author:アンカラママ
トルコ エスキシェヒル在住

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR