ワークショップ2回目

女性3人の、楽しいセッションをしているような感じになってきた。

1回目は、脳の発達を中心とした、どんぐりの基本的な理論、2回目は、どんぐりの具体的な取り組み方。

6年生担当の、若い先生がイタズラっぽい眼で笑う。

「中学部の先生たちにいろいろ聞かれるんだよね、日本人から何習ってるのって。「押忍!」の挨拶から始まるとか言ったら、みんな信じるからさ、おもしろいわ。そもそも、あなたが学校に来たときは、みんな「そろあん」の先生だと思ってて、何の興味もなかったんだよね。ところがさ、ボードみたら、全然違うじゃないの。クラス全員が、一生懸命考えた跡が見えるんだわ。うちの生徒たちがさ、わからなかったら「わからない、習ってない」ってすぐにあきらめる姿勢の対極でしょ。これはぜひ指導法を学ばなきゃって思ったわけね。」

5年生担当の年配の先生。選択授業のどんぐりを知っている。

「私にも、本当に考えることができない、何人かの生徒がいるのよ。もう、関数だとか、方程式だとか、どうでもいいから、生きていくのに必要な、最低限の、考える習慣を、なんとかつけてやりたくて・・」

トルコの私学の子供たちは、一日中、詰め込まれたプログラム、家では宿題に追われて、考える力も残っていないのに、大金を払っている保護者からは、成績について、過剰な期待をかけられている。(家業を継げる立場の子供の親は、そういうことは言わない人が多い)子供の成績が悪ければ、先生に苦情が来るし、成績を上げられない先生はクビになる。

アンカラママが、今週の1年生の作品を見せる。うさぎの冷蔵庫問題。
家で、同じ問題をやってきた若い先生が、「これ1年生?みんな私よりもうまいわね。この特大ウサギったら(笑)私、今週、10問やってきたんだけど、絵の描き方がわからんかったから、5年の子の作品のコピー、参考にしまくったわ。」

見事にミニマム以下の絵図になっている。相手は先生といえど、最初から完璧を求めても無理というもの。本当は、全部やり直ししてもらいたいところだか、期間中にかなりの数のどんぐり問題をしてもらう予定なので、だんだんわかってくれればいい。

アンカラママが、先生の作品を添削して見せる。今まで1000枚近く、この問題を添削してきた。

「先生、問題を最後まで読んでから描いてますね。一文ずつ読んで描けば、こういう絵にはならんのですよ。私たちは指導者ですから、絵をみただけで、どんな文章で、どんな問題なのか、誰が見てもわかる絵を描かなくてはなりません。相関関係とか、全て絵や記号で表す必要があります。絵が下手なのは全く問題ないです」

「ここは、・・ずつ、の用語をわかってもらいたい狙いがありますから、3個ずつマルで囲んで強調してください。ここは矢印を入れて、モノの流れを表現します。ここは、ただ並べて描いてあるだけですが、全体が一本のルートになるように描いてください」

「時間の流れを意識して。こうやって書き加えないと、時間が過ぎたことが意識されません。私たちには当然なことも、子供にはそうではないんです。ここにも比の関係がありますよ。」

「最初は、文の絵図化をすることを徹底してください。問題を解くためにやっているのではなく、思考力をつけるためなのを忘れないで」

「これでは、どういう思考をしたのか見てもわかりません。ずるすずめの次は、ひますずめ、その次は?あ、これ間違ってますね。こういう感じで工夫するとか。」

そのあとは、幼稚部の子たちのお絵かき帳を見せて、具体的に、どう成長するのかの解説。
若い先生「いいわね~いいわね~うちの親戚の子なんか、4歳なのに、園で、100までの数を暗誦させられててさ。わかってないのに、無駄な暗記ばっかさせて!」

年配の先生「中学部の先生で、子供が1年生の人がいるでしょ。子供が家で、どんぐりの授業について、話しまくってるらしいわよ。ところが、親には何のことなのかさっぱりわからない。そしたら絵を描いて、説明してくれるんだって。親は大満足よ」

どんぐり問題の特徴、学年別注意点などもやって、2回目ワークショップ終了。
スポンサーサイト

第1回ワークショップ

腹をくくったアンカラママは、ワークショップを6回、合計12時間の計画を立てた。

1回目は理論だけ、2回目からは、1時間は、理論、1時間はどんぐりを解く時間にあてた。

1回目、2人の中学の数学の先生を迎え、無事終了~

テーマは脳の発達。リンコとりんごなどの例を交えて、分かるとはなにか、考えるとは何か、を教える。

簡単な問題例の絵を描いて見せて、今、頭が瞬間的に思考したけど、どういう経過を辿ったか、丁寧に分析して見せる。

「本当は、小学部の担任の先生方こそ来てほしいんだけど、PYPの研究会が始まって、多忙だから・・」

すると、押さえていた不満が爆発。「あの人らはね、言ってもわからんし、何も変わらんわよ。自信満々で、子供らを中学部に送り込んでくるけど、基礎がない子らばっかりで、こっちがどんだけ苦労してるか。倍数算を教えようとしたら、倍がわかってなかったり、分数計算を教えようとしたら、分数のイロハも知らなかったり。こっちで全部教えなおして、プラス、中学部の内容も教えていかなきゃならない」

現在、中学は、5年から8年まで。分数は4年で、同分母の加減が入る。

アンカラママ「私は、少しずつ現場の意識を変えていこうと頑張ってるよ。主任に、宿題の改革を言いにいったりもしてる。エスキシェヒル、宿題の量が、10年前のアンカラみたいに多いもん。今、アンカラの私学、ここまで宿題ださないよ。イスタンブールもそうらしい。でも、どんぐりの絵を見ても、分からない先生が多いんだよ。だから、授業もああなるんだけどね。ここだけは、押さえてほしい、っていう項目もわからないから、いらんところで、時間を取りすぎてたりね」

すると、年配の先生は、
「わたしもね、実は、ずっと娘の宿題をやったのよ。左手でやってたから、しまいに私の左手は、右手みたいに動くようになっちゃったわよ」

2時間はあっという間に過ぎた。「面白かった!時間がたつのを忘れるほどよ」

そして、今、アンカラママが教えている3年生が、中学部に来るのを、楽しみに待ってるから・・・のせりふで、1回目のワークは終わった。

来年度、今の3年を、もう1年教えられたら、割合の基礎を仕込んであげられる。そうすれば、分数計算なんて、楽勝。

わかりやすい話

先日、字の練習が始まった幼稚部の子達が、いきなりどんぐりができなくなった話を書いた。

ところが、最近、また以前のように、できるようになったので、不思議に思って、親しい幼稚部の先生に聞いてみた。

「最近、字の練習はやらせてるの?」

「え、ああ、ときどきね」

「一月前に、いきなりどんぐりができなくなって、字の練習が始まったのがわかったのよ。幼稚部の子供が字の練習をやると、ストレスで頭が働かなくなるから。前の学校でも同じだったわ。だけど、また最近どんぐりができるようになったから、もしかして字の練習やってないのかな、と思って」

先生は驚いて、「すごいわ、よくわかるのね。実は、子供たちの反応が悪かったから、もうやらせてないのよ」

謎かけ

「どんぐり」とかけて、「ごんぎつね」と解く。

小学部職員室の会話

小3担任A「今週から、長さと量の単元に入ったんだけど、単位換算の問題、教えてないのにみんながズバズバ解いて、びっくりしたわ」

アンカラママ(ハムスター本借り問題、コロコロごろごろ×2、カード製造機)

小3担任B「うちもそうなのよ。今年は本当にうまくいってるの。文章題を黒板に書いた瞬間から、手があがりまくり」

アンカラママ(どんぐり歴半年、半年)

担任A「2年までの授業がうまくいったせいね」

担任B「私もそう思うわ。」

アンカラママ(どんぐり前は、頭の健康診断、瀕死)

担任A、部屋にいた教育実習生に「ゆっくり理解しながら進むから、うまくいくのよ。あなたたちもあせったらだめよ。」

真剣な顔でうなずく実習生。

アンカラママ(ごん・・・)

面妖な話

理系センスゼロのアンカラママに、またもや面妖な話が舞い込んできた。

今までも、どんぐりワークショップにどこぞの大学の教育学部の先生が来たとか、そういうことは何度かあったのだが、この人たちはたいてい文系の人で、どんぐりを試しにやってみると、公式で解こうとして解けなかったりで、講師役であるアンカラママに幻滅する、という展開にはならなかったのだが、

うちの学校の中学部の数学の先生方が、アンカラママからどんぐりを習得したいから、講座を開いてくれ、と申し込んできたのである。

先導役の女性の先生が、鼻息荒く語る。「私はいつもボードをチェックしてるのよ。あなたのやってることが半端なく気に入ったから、中学部にどんぐり授業を導入することにしたわ。あなた1人では時間が足りないから、私たちがメソッドを習得して、手分けして生徒たちに教えたい。中学部の主任とも、もう話をつけたわ。全員が資格をとって、うちはどんぐりメソッドで、数学をやっているトルコ初の中学、ということになれば、対外的にも素晴らしいことになるわ。主任もこのアイデアに大満足よ。彼女も参加するって言ってるわ」

一般保護者でもなく、小学生の担任の先生でもなく、数学の先生方に、アンカラママが授業?

週1回2時間ずつ、計5回のコース。

急いで、授業計画を立てなければ!もう、来週開始だって・・

トルコの中学部は、5年から8年までで、受験の年である8年をのぞく、3学年をターゲットにする。
お手本に最適な、5年選択どんぐりのお絵かき帳もある。これをコピーさせてもらって、教材にするとして・・

それでも、高学年開始学校どんぐりを、どう完成させていけばいいのか、不安もある。

まず、数学の先生方が図を描けるようになるまで、つまり、具象思考を図に落とせるようになるのに、どのくらい期間が必要なのか、見当がつかない。個人差が大きいと思われる。抽象思考に優れた人たちなだけに、余計抵抗感がある人がいるのは、今まで保護者相手にワークをやった経験から、こちらは知っている。

いいとこどりで、最初からテストの点アップを目指すのでなく、視考力を育てるのを最優先、しかも、大急ぎでやらなければならない、という考えを受け入れられるようになるのに、どのくらい引っ張るべきか・・

アナドル大学のどんぐり勉強会が途切れがちで、(大人に宿題出すと、ワークが途切れる)月2ペースになってきたので、大学の先生方に、こっちに来て一緒になってもらおうか、、

学校が主催している、PYPの学習会も週1で参加しているのだが、こっちは免除してもらおう・・
今まで2回、学習会に出たが、感情、理論の両輪教育が分かっていない人たちばっかで、時間のムダだから。

ああ、誰か、日本から応援に来てほしい~~通訳はするから~~(切実)

大人どんぐりの効果

どんぐりを知って約8年。

先日、書道をやってみたらやたらうまくなってた、と書いたのだが、実はほかにもいろいろある。

1 運転がうまくなった

アンカラママは、子供のころは体が弱く、体育も下手、特に球技が苦手で、空間認知能力が人より低い。

大学の終わりにオートマ免許を取ったはいいが、地図は読めないし、車庫入れはぶつけまくり、家の前の電柱にもサイドを擦りまくり、いつもおぼろげな感覚で運転していた。

ところが、どんぐりをやって5年目くらいから、なんとなく空間の感覚がつかめるようになり、車庫入れも、きわどいものでなければ、うまくはないが、できるようになった。運転していて、余裕ができた。 トルコでは運転していないので、日本に里帰りした際だけ運転している。なので、年季で運転がうまくなるケースではありえない。

2 ロゴの隠し文字に気づくようになった

今まで特に意識してみることのなかったいろんなブランドのロゴの隠し文字に、ときどき気づくようになった。どうして今まで気づかなかったのか、子供たちに「え、今頃気づいたの?」と逆に驚かれる。

3 学力アップ

中2で数学の苦手意識ができてから、下降一方だった。大学受験は文系3科目に絞って勉強したものだった。数学には一生かかわりたくなかった。公務員試験など最初からあきらめていた。

数年前、ためしに地元の市役所の契約職員の試験を受けてみた。一次試験は、一般教養のペーパーテストである。会場は、ざっと数えて500人の人が受けに来てたが、リクルートスーツを着た人、中年の男性、直前まで時事問題の問題集を開いている人など、皆真剣そうだった。

何の準備もせず、普段は海外にいるアンカラママは、3番の成績だったと通知が来た。一次試験をパスしたのは、12人だけ、ということだった。中学程度の、数学の文章題が、面白いように解けたのがうれしかった。式を立てず、絵図で解いたのだった。

主任、これが現実です

3月から5月ごろまで、次年度の新規生徒と家族が、学校めぐりに忙しい。トルコでは、私学の入学金が通常はないので、次から次へと転校する生徒も少なくない。

エスキシェヒル一を自負するうちの学校は、もともと定員がいっぱいで、空がなければ中途入学ができないのだが、来年度は校舎を増設するので、多少余裕がある。

アンカラママの活動を暖かく見守ってくれる、ちょび髭が渋い小学部主任。

ときどき授業にも来てくれるので、どんぐり好きになっている。

主任の部屋をのぞいてみると、子供を連れた父親が、主任と話している。学校訪問に来ているのだ。

携帯ゲームをしているのは、9年生の男子生徒。

アンカラママは、保護者に、どんぐりのことを聞かれたので、移動式ボードから1枚作品を取って来て、3年生のものだ、といって、ころころごろごろの作品を見せる。保護者は即座に「これはすばらしい。私も、エンジニアの仕事柄、他人に絵図を描いて説明することがよくあるんです。とても必要な能力ですよ」主任もにこにこ、うれしそうだ。

アンカラママは、ヒマそうな9年生の子に、「キミなら、この問題、どうやって解く?」と水を向けてみた。
保護者はすかさず「うちの息子は数学はなかなかいいんですよ」と得意そう。

問題を読んだ9年生。
「こんな問題、見たことないな・・」

シーンと、きまずい空気が流れる。

「最小公倍数を使うのかな。・・ぼくら、こんな問題、学校でやりませんから。」

携帯ゲームに戻る9年生。

現実を見た主任と、バツの悪そうな保護者。

アンカラママは、あわてて、掲示ボードに作品を戻しに行った。

今週は書道!

3月9日には、うちの学校に書道家の鈴木猛利さんが来てくださるので、アンカラママは学校との打ち合わせに忙しい。

日本語クラブの学生に、書道ワークショップ、そして午後から大筆のパフォーマンスをしてくださる予定。

動画では、迫力ある一連の動作の前に、じっと座って、眼をつぶっている。

来訪されたら、ぜひ伺ってみたい。あの時、頭の中で、何を思っておられるのでしょう。

書く字を再現されているのか。動作するご自分を再現されておられるのか。

何かに祈っておられるのか。「無」の世界なのか。

気になる、気になる!

当日は、20%の確率で雨の予報。屋外でやるほうが、たくさんの生徒たちも観覧できるので、今週アンカラママは生徒たちとテルテル坊主でも作るか・・

さて、IF法で日本語クラブの生徒たちにひらがなを少しずつ教えているのだが、「じっくり、ゆっくり」頭で再現できるようになってから、ゆっくり書く、という指導に従う生徒の書く字は、すばらしく美しいのに、すぐ書く、何度も書く、早く書くの習慣から抜けれらない生徒は、いかにも外人が書いた、と思わせる、くねくね書く癖が出ている。

アンカラママは、今年度は、空いた時間を有効利用するという軽い気持ちで日本語の授業を始めたのだが、おそらく将来につながることはないであろう日本語のさわりを教える、というより、何かとても大切なことをやっている気がしてきた。

アンカラママは、昔から習字は苦手意識があり、小学生時代、へたくそな自分の作品が教室の壁に貼られるたびに、情けない思いをしたものだが、数年前に、子供が夏休みの宿題で習字をやっていたとき、久しぶりに1枚書いてみた。

教科書の端に載っていた、小さなお手本を頭の中で拡大して書いてみたのだが、それが思いがけなく上手に書けて、自分でもビックリした。

達筆の父が、「いつのまにそんなにうまく書けるようになったのか。基本ができているじゃないか」とべた褒めしたので、不思議なことがあるものだ、子供の頃は、あんなに下手だったのに、人生って、いろいろなことが起こるなあ、と面白い。

追記
ハプニング連続で大変でしたが、ワークショップとパフォーマンスが終わりました。
大盛況でした。鈴木先生、スタッフの皆様、どうもありがとうございました。

上の質問の件、「自分はどうしてこの字を、今ここで書きたいのか」ということを考えておられるそうです。寡黙で、温和な表情の下に、どれほどの意志と情熱が秘められているでしょうか。すごいオーラでした。

学校のスタッフも、オーナーも、「何か自分にできることはないか。どうしたら役に立てるのか」と熱意が伝わってきました。

音楽の先生が、チェロとピアノのシルクロードの生演奏を、ひとつ返事で引き受けてくれたのも嬉しかった!

アンカラママも色紙に、流麗な「夢」という字を書いてもらいました。

地味なアンカラママの部屋の、その一角だけが光っている感じ。

2日だけ、人生の道が、交差した素敵な人たち、ごきげんよう。

花開く子供たち、ドツボの幼稚部

どんぐり歴半年に近づき、子供たちがどんどん花開いていく。

勝手な絵を描いていた子供たちが、急に問題に沿った絵を描き始め、3年生クラスの掲示板にころころゴロゴロ問題が並ぶ頃。

幼稚部の子供たちが、いきなり、どんぐりができなくなった。

字の練習が始まったのだ。

1年生の教材に、1年生用のノートまで使い、紙面を字で埋めることを強要しはじめた。

前のアンカラの学校でも、体験したことなので、こうなるだろうな、と予測していたが、本当に気が滅入る。

影響なく、どんぐりができるのは、クラスの1割程度。普通は、悪影響をモロにかぶってしまう。

1日に40分間の、単純作業の苦痛の時間が、5歳児にどれほどの影響を与えるか。

どんぐりだからこそ、分かる。

可愛いアシスタント

朝のスクールバスで、隣に座ったEちゃん、2年生。大きな眼をした、金髪の少女である。

さっそく今日のどんぐりの打ち合わせが始まる。

「今日はどんな問題やるの?花屋のお話は、続きをするのね」
さらに、うるさい男子対策など、打ち合わせは多岐に及ぶ。

Eちゃんのクラスに入ると、壁貼りされた作品は全て剥がされ、各自の机に配るのも完了している。朝のうちに、子供たちが手分けしてやってくれるのだ。

ここ数週間は、アンカラママが創作した、花屋のお話シリーズを、授業の最初に展開しているのだが、挿絵の花屋まで、Eちゃんが休み時間に黒板に描いてくれている。

この花屋はアンカラママが週末に経営しているのだが、店主が間抜けなので顧客の注文がわからなかったり、貧乏になったり、隣にライバル店ができたり、いろいろ事件があるたびに、子供たちが一緒に対策を考えてくれる。

アンカラママは、権威のない外人のオバサンで、一生懸命授業をやっているのだが、何かと頼りない。心配した子供たちがいろいろ心を砕いてくれる。

トルコの子供たちは本当に愛くるしく可愛い。毎日生きたお人形さんを見ているようだ。

FC2カウンター
プロフィール

アンカラママ

Author:アンカラママ
トルコ エスキシェヒル在住

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR