2016年度 学年末

昨年よりエスキシェヒルに転居したので、特にことわりがなければ、2016年9月以降は全てエスキシェヒルの話になっています。

現在、アンカラでどんぐりを実践している小学校はありません。家庭でどんぐりを実践している方はおられます。

2年生の担任の先生「N(女子)は本当に変わったわよ。あの子、文章題が全然できなくて、教えてもらうまで手が動かない子だったのに。今は、ノートの端に、絵を描いて解こうとするの。」

学年末。どんぐり歴8ヶ月。

こどばとイメージがつながっていなかった子供たちで、「もう、今年は無理かな」と思っていた子たちが、最後のポップコーンが弾けるように、開花していく。開花した、というのは、ようやくスタートラインに来た、ということ。

どこのクラスも、残ったのは大体1割になった。(子供たちがシールドを貼ってるクラスは残念ながらもっと多い)

そして、知的系統教育をやっている幼稚部は、字を教えることは観念したが、勘違い算数教育を続け、(数字の序列の穴埋めワークなど)進化が遅れていたが、ようやく全体的に、進化が感じられるようになってきた。それでも、自由に動くことを制限されている時間があまりに多い幼児たちは「考えない・感じない」日常になっており、思わしくない。

勘違い新記録は、先取りを推し進めている1年*組。割り算の筆算を教えている。

ワークプリントを見た中学部の数学の先生が、「ある数の四半分が12である数は何か。え、これ1年生にやらせてるの?この問題、6年でもやってるわよ」解き方丸暗記をさせている。休み時間に、子供たちに÷2の箇所を指して、「これ、どういう意味」と尋ねてみると、子供たちは困った顔をして「引く2、かな・・」と顔を見合わせている。これで、先生歴30年のベテラン。

5年選択どんぐり。5MXが1人。4MXが1人。あとは3MX。

日本語クラブの生徒たちとは、最後の授業は、日本のカラー筆ペンで、習字。愛とか、望とか、忍とか、かっこいい漢字を、アンカラママが縁取りしたりモチーフを描いたカラー用紙に、思い思いに清書していた。

トルコは断食月。

アナドル大学の小学校教諭を目指す学生さんたち、第一陣の10時間ワークショップ完了!

まず、25人のどんぐり先生誕生!

日没まで水も飲まない学生さんたち。一生懸命話を聞いてくれた。

みんなで一緒にやったどんぐりタイムの楽しかったこと・・・

夏休みに200問問題を解いて、アンカラママに送ることになっている。

これしないと、子供たちに自信持って問題出せないもんね。

うれしい~~~今年度はこれで、28人もどんぐり先生がトルコに誕生したよ!

現在働いている学校は、来年度も継続する予定。

さて、夏休みにつき、ブログは9月までお休みします。

いつもご訪問くださるみなさん、良い夏をお過ごしください。

アンカラママ
スポンサーサイト
FC2カウンター
プロフィール

アンカラママ

Author:アンカラママ
トルコ エスキシェヒル在住

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR