omx06  太陽とかみなり問題 寺子屋

きのうはZちゃんの弟のO君(3年生)と寺子屋どんぐりをしました。

どんぐり協力者のGさんの息子です。幼稚園のときに、何度かどんぐりはしたのですが、そのあと2年間どんぐりから遠ざかっていました。0mxから再スタートです。

O君は母親のテンポが非常に早いので、自分のテンポが少々乱されている子です。私の元では、まどろみそうなほどゆっくりテンポでやります。

0MX太陽とかみなり問題をしました。

子供の頭の中が、よくわかる問題で、私の好きな問題です。

ただの掛算(比)で解いてしまうには、もったいないです。

まず、「一日で」の意味の理解。

これがないと、一日に1回地球を回る太陽と、6回回るかみなりは、動く速さが違う、という理解に結びつかない。

ある子供の頭の中では、まず太陽が、そのあとかみなりが回っています。

ある子供の頭の中では、二つの物体は、同じ速さで回っていて、かみなりは太陽が回り終えたあと、余分にまわっています。

一日で、というのは、時間ですから、ここで、子供は 

二つの違う物体、 同じ時間、 異なる距離、 異なる速さ という、全部で7種類のイメージ化が求められるのです。     

同じ時間で、違う距離を動くとき、速さが違うということを感覚としては知っていても、文章から、それを想起できるか、ということです。

太陽がゆっくり動く、というのは、感覚的に知っています。
アンカラにように、年に数えるほどしかかみなりがならない場所では、かみなりを直接見たことがない子も
多いです。
おそらく、テレビのアニメ番組などから得ているイメージでしょう。

絵の上で、指で、動きを再現してもらえば、どんなふうに考えているか、わかります。

きのうはゆっくり丁寧に絵を描いたので、この問題だけで1時間かかりました。

ノートには2枚紙を貼り足しました。

新3年生ですが、目をつぶってもらって、私が一文ずつ読みました。イメージが沸いてから、絵を描いてもらいます。

一対一でどんぐりをされているご家庭では、導入時、ぜひやってみてください。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

アンカラママ

Author:アンカラママ
トルコ エスキシェヒル在住

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR