みみずの部屋は長い?四角い?

0mx38 みみずの好きな長い部屋が6つあります。で始まる問題。

幼稚部から2年生まで同じ問題をしてもらう週があると、1週間で一気に100枚の作品ができる。

この問題のポイントは、「長い」が絵に描けるか、だと思うのだけど、まだ「文通りの絵を描く」が分かっていない子が多いから、自分の描きたい絵を優先してしまう。

すると、自分のイメージする部屋が長くなくて、四角い場合は、「長い」が無視、というか却下される。

特に、ごちゃごちゃ家具を入れようとすると、そうなりやすい。

日本語の場合、「みみず=長い」で、言葉の助けがあるのだが、トルコ人の子供の場合、みみずはとぐろを巻いていたりするので、これは役立たない。

どんぐりHPの添削例を見ると、8枚くらい載っていたのだが、同じパターンがほぼ全部こちらにもあるので、笑ってしまった。

自分の子供はどんな絵を描いていただろう、と、下の子のノートを出してみた。

部屋は○ みみずはI で抽象化し、4×6=24 を、樹形図で出してた・・・

この頃、掛算はおにいちゃんがやっていたので知っているのだが、九九を知らないので、自分なりに発明した計算方法が樹形図だった。自由自在に数が合成分解ができる、このやり方は、その後割り算の筆算を習うまで、下の子の主要ツールであり続け、3MXまではこれで乗り越えたのだった。

抽象図ばかり描いていたわけでなく、この前後は具象図なのだが、ときどき計算メインになってしまっていたようだ。樹形図による計算だから、思考養成になっているのだが。






スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

アンカラママ

Author:アンカラママ
トルコ エスキシェヒル在住

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR