アンカラママスタイル

楽しい年長問題でも、絵を描いて、淡々とボードで解くだけでは、子供たちは飽きてしまう。3年と4年では、普通の絵解きで授業をやっているが、1年生は、よほど面白くしないと、子供たちがそっぽを向き、全く参加してくれない。即学級崩壊である。

こうなると、絵を動かす面白さを伝えるどころでない。

なにしろ普段の授業を映像でやっている世代なのだ。刺激に満ちた画面、色、音・・

静かに、とか怒鳴っても、怒鳴れば子供たちがシールドを張り、入力できない状態を作るだけである。

なんとか、ならんか・・

試行錯誤の上、絵プラス劇の、アンカラママ・スタイルが出来上がった。

毎回、見本では、アンカラママ入魂の算数劇?が見られるのである。

アンカラママは中学時代演劇部にいたが、こんなところで役に立つとは思わなかった。

過去、うちの子や寺子屋の子達が作品で考えてくれたアイデアも拝借。

登場人物や動物たちはいつもなんかしらのトラブルに巻き込まれ、子供たちはボードの絵を見ながらアドバイスを叫ぶ。こうやって、感情を伴った思考回路の海をウロウロする。

進行上、問題文の間に、他のせりふが混じるのだが、なるべく問題文のヒントにならないようにしている。そして、子供たちのどんぐりでは、問題文以外の文は入れない。

子供たちはアンカラママを見ると、「今度の授業はいつ?」と嬉々として聞いてくる。

今まで放課後の消化選手だったどんぐりが、存在感を増し始めた。

もっと子供たちにしっかり授業を聞いてほしい、という希望が、父母と先生方両方から出され、課外扱いから、昼間の時間帯に、ほとんどが移動完了☆

2年(校長殿のクラス)だけが、課外扱いである。
こちらも、バレエのない日に変更になったから、やっと全員参加の道が整った。

ここまで約3か月。

学校のサイトにもどんぐりが紹介され、「我が校の特色。日本算数どんぐり。エキスパート指導者によって授業が行われています」だって。

尻がこそばゆい気がするが、ハッタリでも何でも構わない。誰がやってもいいのだから。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

面白そう!!

アンカラママさんの劇、見たいです!!
youtube で流してくれないかしら。。

字を書くとわからなくなった、、も興味深いですね!

ご想像におまかせ

いやあ、ほんのたわいのないものなんです。オチもないし。
でも、年長さんや1年生は、ノリもいいんですよ。今日も、ほうきを集める魔女をやってたら、魔女を追っ払う掛け声を全員で絶叫してくれましたw

子供たちがどんぐりしているところは、流したいな、と思います。
YOUTUBEのアップの仕方、さっぱりわかりませんが(汗)
FC2カウンター
プロフィール

アンカラママ

Author:アンカラママ
トルコ エスキシェヒル在住

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR