幼稚部

ヒントを出してぶち壊す先生。

それは幼稚部の某先生である。

何回言っても直らない。

言っても平気な顔をしている。

スルーされているようだ。


とびうおの好きな箱の問題をしていたら、

「卵が小さくて、石が書けなかったら、点てんを描きましょう」

アンカラママ「そういうのは子供が考えますから、言わないでください。」
先生「思いつかない子もいると思って」
アンカラママ「あらたに描き直しする子だっているんです。待ってあげてください」

毎度毎度のぶち壊しである。

もう、今度から外に出てもらおうか・・

今週は、先生のクラスの作品を学校ブログに上げる予定だったが、たくさんの子が卵の中に点てんを描いているので、いやになった。

となりのクラスでは、「とびうおはねえ、たまごをひゃくごこ、うんだんだよ~」とか、やりたい放題なのに・・・

アートの先生も幼稚部で授業をしているが、私たちがどんな話をしているか。

「幼稚部の先生は、やりすぎよ。先生がメインで、子供たちがアシスタントになってる。見栄えのいい作品ばかり作った結果、自分で何もできない子供が小学部に上がってくるのよ。最初の最初で、方向が間違ってる」

いかん、なんとかして、幼稚部の先生方にわかってもらう機会を作らんと・・・

資料を渡すだけではだめなのだ。

と、いろいろ頭を悩ませる日々。

ところが、

昨日、学校の玄関に、どんぐりチックな作品が大量に貼り付けてあったので、何だろう、と思って近づいてみた。

博物館に遠足で行った後、見たものを描いている、幼稚部全員の作品だった。

すごい。

何がなんだかわからない色の洪水。

紙いっぱいに。

そして、こんな一見訳がわからないものを、玄関に貼ろう!と思いついた先生の心意気がうれしい。

子供たちが描いた、具象とも抽象ともつかないものに、先生が一つ一つ説明を書き加えている。

トルコ人の子供が学校で描かされるおとなしい絵と、ぜんぜん違う。

そこには、自由に表現する喜びが、溢れているのが感じられるのだ。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

アンカラママ

Author:アンカラママ
トルコ エスキシェヒル在住

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR