同じ問題を、1年生が20分楽しんで解き、3年生は10秒で放棄

今週は年長さん問題の、もぐらのもちつき問題をやった。年長さんから3年まで。

日本語では、もちをつく音を、絵にするところで、戸惑ったりする子が多いだろうか。
アンカラママは、日本で寺子屋をしたことがないので、よくわからない。

トルコにもちはないので、ギョズレメという、インドのチャパティみたいなのを文章題に使っている。

3回裏返したら、1枚焼きあがります。今までに、12回裏返しました。何枚焼けたでしょう。

この、3回裏返す、というので、こちらの子供たちも頭をひねった。

年長さんから2年生までが、うーんうーんと頭をひねり、上下矢印や、ぐるぐるのばね印や、宙に舞うギョズレメやらのアイデアを絞ってくれたというのに、

3年生男子の二人組は、この文を読み聞かせると、10秒で放棄。

めんどうくさい→やーめた

この学校の3年生は少なくて、男子は4人しかいないのだが、

残りの二人は、どんぐりに目覚め始めた。

1人が残った時間にもう一問やったので、もう1人も負けじとチャレンジ。

さらに、年長問題でなく、5年生問題がほしいといい始めた。

向かいの4年生の教室の横の壁に、4年生たちの作品が貼ってあり、0から1MX作品が並んでる。

この3年の子は、うちの子の5MX作品に、ショックを受けたらしい。


年明けに、この子には、1MXあげよう。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

アンカラママ

Author:アンカラママ
トルコ エスキシェヒル在住

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR