1階の廊下はどんぐりでいっぱい

どんぐり作品を貼る場所で苦労した前期。

廊下の壁にじか貼りしまくった。

そしたら、冬休みに、学校のオーナーが廊下にボードをいっぱい貼ってくれた!

最近は、1年生でも「焼き鳥30本を一日5ほんずつ食べたら何日で食べ終わりますか」みたいな問題を、するようになってるから、アピール力あるよね!他の先生たちにどんぐりを見てもらう、という目的もあるから。

作品のことなのだが、最初はいちいちお絵かき帳をコピーして貼っていた。

しかし、コピー代も紙ももったいないので、思い切ってページを切り離すことにした。

展示からはずしたページは、パンチで穴を開け、お絵かき帳の表表紙に直接綴じていく。

表表紙にもパンチで穴を開け、リボンで結んである。描くときに結び目が邪魔にならないように、外側に結んでいる。
本当は、2年以降は自分でこれをしてほしいのだが、おうちどんぐりだったら、たぶんこんなのこと子供が自分でやらなかったと思う。

だから、当分はアンカラママがしている。作品を捨てたりせず、大事にしまっておく、ということを見てほしいから。

日本の紙ファイルのような、綴じる部分があればいいのだけど、こちらはそういう文房具がない。

今年度はリボンで通そうと思うけど、来年度以降はなんか工夫したい。日本から取り寄せられるといいのだけど。

幼稚部は他の展示物でいっぱいで、場所がないので展示をあきらめた。

時間的に毎回は苦しい、というのもある。

でも、年齢的にほとんど変わらない1年と、はっきり差が出てきた。

(今年度から入学年齢が引き下げられたので、1年と年長で年齢が逆転している場合もある。しかも、算数のお勉強は、今のところほとんど同じようなことをやっている)

1年生、最近はよく展示を見ている。そして、見てわかる力がついてきた。


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

アンカラママ

Author:アンカラママ
トルコ エスキシェヒル在住

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR