三角視算表の実践

どんぐりの授業は週1コマ40分、行事などにもぶつかるので、年間30回ほどしか確保できない。

今年は2年生のクラスで、三角視算表(略して表)導入の計画を立て、すでに1回目をやった。

毎授業頭に、5分程度時間を取り、1ユニットずつやると、1年間でほぼ最後まで行ける。通常の算数授業で、掛算が始まるのは、2学期からである。

最初に子供たちに、どんぐり帳でなく、通常の算数ノートの裏表紙に、表を貼ってもらう。表を見る回数を増やしてもらうためだ。
この表は、下部の数字(かける数とかけられる数)のみが入ったもので、上は自分で記入できるようになっている。

本当は子供たちが表を書けるといいので、日本ならできるかもしれない。

この表の説明は、一切しない。掛け算という言葉も使わない。このことは、担任の先生にも説明して、お願いした。

教室のボードには、宝箱が描いてあり、その上に黄色い画用紙で作ったお宝が4個、貼り付けてある。

子供を一人呼んで、2人目の海賊になってもらう。

「おおっお宝があるぞっ!さあ、山分けだ。オレに1個、オマエに1個、オレに1個、オマエに1個」
「2人の海賊が、2個ずつお宝を取った。全部で4個だ」

ボードに、大きくユニットを描き、左下の部分に海賊2人、右下の部分にお宝2個、上の部分にお宝4個を描く。

「これを数字で表すと」横に、もうひとつユニットを描き、今度は数字を書き入れる。

子供たちのノートに貼ってある表を見てもらい、該当するユニットを探してもらう。

「あった!」「一番上だ」

2×2の数字は印刷済みなので、上の4の数字のみ描いてもらう。クラスの人数が少なければ、白紙の表にして、全部の数字を書いてもらうことも可能だと思うが、人数が20人を超えているし、休みの子もいるので、次善の策だ。

最後に目を閉じて、イメージ再現してもらって、終わり。

教室の壁には、左下数字のみ入った大きな表が貼ってある。数字がひとつだけ入っている理由は、表が埋まったあと、ユニットを探すとき、かける数が同じユニットが集まっていることを今から見ていたほうが探しやすいと思うからである。この表は、授業と同時進行で、ユニットを毎回ひとつずつ埋めて行く。

そのうち、表に規則性があることに気づいて、子供たちのほうから、アンカラママに教えてくれる日が来ると期待している。

しかし、毎回同じパターンでは面白くないので、海賊には木の上の鳥の巣とか、ゴミ箱とか、いろんなところでお宝を発見してもらおう。(ボードに描くだけ)

あと、子供たちのどんぐり作品にも、該当するユニットを、赤ペンで書き入れてあげることにする。

ドリル的な実践は、2学期の様子を見て、担任の先生とも相談して考える。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

アンカラママ

Author:アンカラママ
トルコ エスキシェヒル在住

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR