倍の絵図

「倍」というのは、原型を変化させろという、とても大事な指示なのだが、これを軽く×3 と書いてしまうと、視考力が働いてくれない場合が多い。

これに、■ ■ ■ と添えるだけで、全然違う。

子供たちは、普段の先生の解き方のテクに倣って、×3 と書いてしまい、それで固まっていることがある。

「ん?×3の絵がないね。ここが大事なんだから、描いてちょうだい」と促す。

すると、子供は×3と書いた箇所を指差すのだが、あえて絵図化してもらう。

子供たちの思考力不足に原因を求めるのでなくて、視考力が働くにはどうすればいいか、を考える。

低学年で始めた場合は、時間の余裕があるのでぎりぎりまで本人に任せるが、4年以降で始めた場合は、間に合わない子がいる。

すでに等比算が使えるようになってきている子の場合は、倍の絵図化は求めない。




スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

アンカラママ

Author:アンカラママ
トルコ エスキシェヒル在住

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR