6mx64 どっこい小学校

今年度の5年生から、中学終了の8年生までの数学のカリキュラムが易しくなった。

昨年うちの上の子も苦闘した「集合」が、中学の課程から消滅した。

あんなにがんばったのに、1年経ったら「ほとんど忘れちゃった」

「集合」の用語、定義方法を使った表現は、関数の項目でも無くなることになる。


さて、大幅に簡易化されたとウワサの5年数学。

昨年までなら、今の時期には百分率に入っているはずだったのだが、今年はカリキュラムの一番最後に置かれているので、まだ学校でやっていない。最後に置かれるカリキュラムは駆け込みで消化するか、間に合わないでカットされる学校も多いので、教育省は5年に百分率を学習させる意図が薄い、と言える。

分数の掛け算割り算が出てくるのが6年だから、百分率・割合は、その後に習熟する、という意図があるのなら、それはそれで納得できる。

下の子、先日は6mx64をやった。

「どっこい小学校では夏休みを利用して南極へ修学旅行に行きます。この小学校の生徒は52%が女の子です。今度の修学旅行には女の子の95%、男の子の98%が参加します。では全体では何%の生徒が修学旅行を欠席することになりますか。」

答えは3・56%。この問題、絵図を描くにしても、52%の95%を描くのは難しいように思える。

計算で解くとしても、まだ異分母分数の四則計算を知らない。

レオンくんのブログ分数化手順 で書いてあるとおり、小数を分数に直して、掛け算するワザがないと無理なのでは・・?

さて、どんぐり暦5年の下の子がどうやったか。

①女子52%、男子48%の図を描く。

②女子参加者95%、不参加者5%の図と、男子参加者98%、不参加者2%の図を描く。

③全体の人数を、10000人と仮定すると、女子は5200人、男子は4800人。

④それぞれの1%は、女子は52人、男子は48人。

⑤それぞれの不参加者は、女子は52×5=260人。男子は48×2=96人で、合計356人。10000人中356人ということ。

⑥求められているのはパーセントだから、356を100で割って答え3・56%


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

アンカラママ

Author:アンカラママ
トルコ エスキシェヒル在住

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR