三角視算表 その③

三角視算表②の記事について、「絵で描くユニット」の質問が来たので、回答を載せておきます。

*******************************

三角視算表についてのご質問ですが、絵で描くユニットとは、

たとえば 2-9-18 のユニットであれば、

2人の海賊の顔-9個のお宝-18個のお宝 の絵になります。

18個のお宝を、9つずつ丸で囲んで、海賊一人一人と線で結んでいたりします。


三角視算表は、大人が考えるほど生徒さんたちが簡単に理解するものではない、と感じられますので、

クラス全員が実際にお宝を分ける、という経験をしてもらって、それを記録してもらいます。


時々、ふたつのユニットの穴埋めプリントをやっ てもらい、生徒さんたちの理解度をチェックしています。

掛け算の授業を受けていないにも関わらず、大体3ヶ月で、3つの数字の関係を理解しました。

しかし、4ヶ月目に入っても、自分で考えようとせず、誰かにおしえてもらうまで、受身でいる生徒さんもいます。

クラスにもよりますが、4分の1程度です。

ボードで何を説明しても、理解力がなく、頭には入らないようです。

私は自分で表を作り直しています。上の部分に足し算引き算のユニットがあると、生徒さんたちが混同しますので、掛け算のみにしています。

また、今回実践して思ったのですが、2-2-4 のユニットは、最初は空欄にしておいて、皆が表を理解してから入れるのが いいと思います。最初にこれを見てしまうと、どうしても足し算と思ってしまい、なかなか脱することができない生徒さんがいます。

********************************************************

さて、実践5ヶ月目。

2つのユニットの穴埋めプリントは、大変良かったと思う。

プリントでやるユニットは、まだアンカラママの授業で扱っていないユニットだから、子供たちは自力で考えなければならない。一部、家で先取りしてて、九九を知っている子もいるが、掛け算と割り算の関係までは知らないから、絵で考えなければならない。

最初は、かけられる数-かける数-積のうち、積が空欄になっているものを作成。

そのうち、かける数や、かけられる数が空欄になっているものも、楽勝でできる子の割合がぐんぐん増えてきた。

余裕がある子たちは、凝った海賊を描いたり、数字をデコレーションしたり、遊んでるよね~

2年生の3クラスのうち、1クラスは掛け算に入ったが、2クラスはまだ入っていない。

もう、掛け算と割り算を俯瞰できるところまで準備ができたことになる。

5ヶ月かかったが、週1回の、15分でできる準備学習。

数字だけの三角視算表を、以前寺子屋で使ってみて、低学力の子には数字の暗記を強要する感じになってしまい、苦痛を訴えてきたことがあったので、なんとかならないか、と思って工夫してみた。

低学力の子は特に、数字が抽象に留まってしまい、なかなか数字の意味が再現されないこと。暗記しようと焦れば焦るほど、頭のなかに残らないこと。

「九九覚えてない→できない」でなく、自力で描き起こせる子たちになってほしい。
çarpım

hazine.png
穴埋めプリントの例(絵のユニットと数字のユニットで1枚分。下が回答例) 
carpim resim unit 1

carpim resim unit 1-1

carpim resim unit 2

carpim resim unit 2-2

carpim resim unit 2-2-1

carpim resim unit 3

carpim resim unit 3-3
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

鍵コメさん

久々のご訪問ありがとうございます。
どんぐり順調そうですね。
いつもほほえましく見ていますよ。
FC2カウンター
プロフィール

アンカラママ

Author:アンカラママ
トルコ エスキシェヒル在住

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR