4年クラス崩壊

学校どんぐりが、すべて順風満帆というわけではない。

2ヶ月前、1学期が終了した時点で、アンカラママは校長先生に、「4年クラスは2学期は入りません。私の力では授業を維持できません」と申し伝えた。

校長先生は、あっさり了承した。

学校で授業をすると、100%どんぐりの授業ができるわけではない。

授業中問題を起こすさまざまな生徒の対応のために、授業時間の半分は費やされてしまうと言っていい。

それも含めて学校教育だからだ。

どんぐりを週1時間やっていれば、そのような問題すら解決してしまう、というようなものでは無論ありえない。

また、子供の起こす問題といっても、学校で長時間拘束される子供たち、特に低学年の子達の、当然の反応とも言えるし、それを押さえつけるのはもともと理不尽である。40分授業が、週合計50時間ある中で、体育はたったの3時間しかない。それ以外は、ほぼ全部椅子に座っての授業なのだ。

アンカラママだけがこういう認識でいるわけでなく、現場の先生方は同じ認識であり、教育ビジネスの場と化した学校で、何とか自分ができることをしようと、日々奮闘されている方々が多い。

担任の先生は子供に対する対応はぶれないのだが、アンカラママにはぶれがあるのだろう。

アンカラママは幼稚部4クラス、1年生3クラス、2年生3クラス、3年生2クラス、4年生1クラスの、計13クラスに入っていたが、4年生は2ヶ月前から深刻な問題に見舞われていた。

1学期の前半は、それなりにうまく行っていた。全くやる気のない男子2名は、どうしようもなかったが、この子達は、普段の他の授業でも何も聞いていなかった。

ところが、後半、転校してきた、どんぐり経験のない女子が一人、クラスのリーダー格になってから、クラスが崩れ始めた。

最初の数回、どんぐりをやったが、こちらの指示を聞かない。絵を描かない。したがって、問題も解けない。

彼女のために、昼休みにフォローに入ったが、芳しくなかった。

Nちゃんたちの作品を見ても、「こんなに面倒なことをやらないといけないなんて、まっぴら御免」という反応だった。

彼女は周囲を邪魔し出し、クラス中が引きずられ始めた。

彼女の毒のある軽口に、みんながゲラゲラ笑う。Nちゃんは「何がおかしいのよ・・」と眉を潜めた。

アンカラママは担任の男の先生に応援を頼んだが、昨年同様、助けはなかった。先生も、彼女に手を焼いており、「せっかく築いてきた秩序をぶち壊した」と声を荒立てた。

廊下に出すとかの罰も、保護者からクレームが来る、というので出せない。

全力で口答えしてくる女子相手に、週40分は時間的に足りないのである。

何度かクラスで話し合うなどの機会も設けたが、話し合いになる雰囲気も作れないし、こちらの語学力も十分ではない。

そして、アンカラママには、自分が立派な教育者になろうとか、そういう覚悟もないのだ。

これから先、生きていくうえで、少しでも有利なとっかかりを学んでほしい、ただそれだけ。

アンカラママはこのクラスをあきらめることにした。ストレスで持病が出始めたから。

最後に、授業はこれで終わるけど、どんぐりを継続したい子は、ノートを持ってきたら添削する、と伝えた。

しかし、2学期になっても、ノートを持ってくる子は一人もいなかった。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

アンカラママ

Author:アンカラママ
トルコ エスキシェヒル在住

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR