B君のどんぐり

「うちの子は算数はよく出来ます。学校ではまともに授業もやっていないようなので、算数は父親が教えていますの」

5ヶ月前、2年の男の子、B君を、アンカラママの寺子屋に連れてきた日、ママさんは笑ってそういった。

B君は、年長さんの「太陽とかみなり問題」は、最初から難なくイメージできた。「くらげ問題」の見本を見せると、類題を軽々と解いた。

学力のある子が来たな、AR君のときに味わった苦労も、この子はしないで済むだろうな、と思った。

しかし、学校のノートを見ると、大量の宿題を、やっつけ仕事みたいに、書きなぐってあった。

どんぐりをやっている間、椅子にきちんと座っていられないのは、力をコントロールできない子供のやることだから、と大目に見ていたが。

ハサミでまっすぐ線を切ることができない。
ハサミを手にすると、その辺のものを、考えなしに切ってしまう。

文房具を投げる。

答が間違っていると、かんしゃくを起こす。思い込みがひどい。

会話をしていても、アンカラママの質問に返事せず、勝手に話題を飛ばしてしまう。

アンカラママは思った。「人為的学習障害(ALD)なのかもしれない」

どんぐりは、計算で答を出して終わらせようとするので、なかなか絵を描けない。

問題を1行ずつ切って渡してみたり、最後の問いをカットしたりしてみた。

でも、しばらくすると、また計算で・・の繰り返し。

文章題の数字が大きくなってくると、頭が描くのも考えるのを拒否しているのが見える。

「どうしてこんなことすんの?」

B君はバカにしたような顔でたずねた。

「こんなコトしてもさ、学校でやんないし、役にたたないじゃん」

アンカラママ「うん、いい質問だね。文を絵にする練習をしてたら、頭が良くなって、勉強もわかるようになるから、日本でたくさんのお友達がどんぐりをやってるんだよ。」
「今はわからないかもしれないけど、この先、きっと、絵を描くやり方が、役にたつときが来るよ。」

B君、その場では一応納得した様子を見せた。

3桁の引き算は学校でやったのだが、「これだけ算数」の教材を使ってみると、引かれる数にゼロが混じっている数字の場合、正しくできない。繰り下がりを理解していない。

2桁の計算に戻ると、筆算形式で書いても、(たぶん減減法で)暗算してしまう。

お金を実際に動かしてみたり、絵を描いたりして見せても、説明を聞いていない。

この子は、学校では、最高評価をもらっている。

しかし、今まで一緒にどんぐりをやったどの子とも感じたことのない、不安感を感じる。

5ヶ月でそれなりの成果は出ている。でも、どうしても「解けさえすればいい」というのをぬぐえない。

お母さんは、B君のそばにいると、余計な口出しをしてしまう、と言って、いつも外で待っている。

お母さんと話し合ってみようと思った矢先、お母さんが言った。

「うちの子に英語を教えていただけませんか」

アンカラママ「週1日やっても、あんまり意味ないですよ。中学の夏休みに、集中して習いに行ったほうが、ずっと効率がいいし、十分間に合います」

お母さん「週1で足りなければ、2日でも3日でも連れてきますから」

アンカラママは、両親を招いて学習会もやった。でも、伝えられてないのだな。

家で、ゲームの制限はなされたらしい。でも、3ヶ月超の夏休みは、子供にとっても、親にとっても、長すぎる。夏休み中は、ゲーム時間が、おそらく大幅に増えているのが、子供の話から、伺える。

根本が変わっていない。だから、劇的な変化もない。

学校の勉強で、何も困っていないから、必要に迫られていない。

でも、どんぐりが目指すところは、もっと遠く、もっと深い。

公立は9月下旬から新学期が始まる。

親御さんが宿題を減らすなどの具体的な行動を取らないなら、こちらは寺子屋を断ることも視野に入れている。

追記


今日、ご両親と話した結果、やはり、状況は悪かった。

一日中、テレビかパソコンゲームかプレステ。プレステは、暴力系。

子供だけでなく、この家庭の場合、父親も中毒のようだ。

これなしでは、日常が回らなくなってしまっているらしい。

夏休み、1ヶ月寺子屋はやらなかったけど、8月はやっていたのだが、どうしてB君が、なにかに追い詰められたような態度なのか、解せなかった。6月のほうがましだったからだ。

「これをしなさい。そのあと、ゲームしてもいいから」悪循環のはじまりだ。


プレステ毎日5時間って、あんまり・・・まだ小2だよ・・・

させないと、一切言うことをきかなくなってしまうのだという。


少しずつ、カードを切っていこう・・・



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

アンカラママ

Author:アンカラママ
トルコ エスキシェヒル在住

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR