また新聞載った

star19042014

※写真はイメージです

って、何で他の授業の写真載せるんだか~

子供らの ぐちゃぐちゃの 書き直し満載の ノートが
認められる日が来ますように・・・
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

日本語訳

記事の本文は紹介ですかね。日本語訳希望です。

Re: 日本語訳


子供たちにどんぐり方式で数学教育
アンカラのオヤアクンユルドズ学校では、ユニークなシステムで生徒を教育しています。どんぐり方式を使って、生徒の思考力を養成し、数学の授業に対する(負の)先入観を払拭することが目的です。
「どんぐり方式とは何ですか?」
どんぐり方式では、抽象的概念を絵を描いて具象化していきます。問題文の要素はひとつひとつ絵に表され、最後には単純な四則計算で解けるのです。「絵を描く」ことは、感情教育だけではなく、論理的な意味を含んでいます。問題文中の全ての言葉が、絵図に変換され、文の意味を正確に把握するのを助けるのです。論理的な思考プロセスが視覚イメージとして表され、意識化されます。このように、情緒的な想像力と論理的な思考力が分断されずに発達していきます。どんぐり方式では、指導者は解法を教えません。子供は、ただ、絵を描きながら解いていきます。
「全ての子供は見出されるのを待つ星である」をモットーに開校し、この思想を基に教育プログラムが組まれているオヤアクンユルドズ学校のユニークな教育が注目されています。「そろあん」とは違った「どんぐり方式」は、オヤアクンユルドズ学校が始めて採用しました。(アンカラママ注 トルコ各地で、個人的に使っている先生方はおられますが、アンカラ初ということで)
どんぐり方式では、数学教育に於いて、暗記ではなく、思考力を伸ばすことが前提とされています。この方式は、5歳から9歳までに実施され、幼稚部から4年生までがこの教育を受けています。
後略 あとは、見出し記事の繰り返しと、学校の紹介です。


FC2カウンター
プロフィール

アンカラママ

Author:アンカラママ
トルコ エスキシェヒル在住

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR