今年度の総括 3年

昨年度は、3年のどんぐりは、2学期制の後期から、問題を各自選択にした。

すると、伸びる子は大変伸びたのだが、低学力の子らが、効果が薄かった。読み聞かせ方式にできないので、自分の力で絵を描き進められない子らがおり、どうしても放ったらかしになる。

結果、4年生になったとき、クラスの半数が参加しない、という事態を招き、4年のどんぐりは前期で終了させざるを得なくなった。

これに懲りたので、今年度は、最後までクラス全員同じ問題を読み聞かせ方式でやり、机間をまわって指導しながら進めた。早く終わった子は、比較的軽い問題をもう一問用意して、他の子を指導している間、させることにした。

結果、学年末で、1MX74カード製造機問題を、50%が自力で最後まで解き、20%が最低のヒントありで最後まで解き、20%は取り組むが文どおりに絵を描けない状態、10%は文を絵に表すのが困難。

50%は最初のステージから次のステージに移りかけている段階。

どんぐり2年目のA組からも、どんぐり1年目のB組からも、全国実力テストで満点(1位)を複数回取った子が出た。
特に、A組はアンカラの中でもクラス平均が飛びぬけて高いクラスになった。
先生が「式が5つも必要な分数の問題を、6割の子が正解した」と興奮して話していた。
普通、このレベルの問題を解けるのは、せいぜいクラスの1割しかいないらしい。

どんぐりでは、まだ分数の問題まで行っていない。それでも、あせらず、じっくり1MXをやることで、分数の問題にも、子供たちが対応している。いつも頓珍漢な絵を描いている転校生も、正解組に入っていたとか。

この先生は、他の先生に比べれば、図を描く人なのだが、子供たちが、その図を理解できることによって、相乗効果が出たのだろう。

普段、図を描かない先生が、分数のときだけ図を描いても、子供たちは意識的に見ない。
先生の図を写すだけでなく、自分で書き起こす練習が必須。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

アンカラママ

Author:アンカラママ
トルコ エスキシェヒル在住

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR