英語の授業で耳栓をする子

英語の先生が、怒りながら職員詰め所に入ってきた。

「あの子はね、授業中に、紙を丸めた耳栓をするんですよ!どうして授業を聞かないのかって聞いたら、授業が楽しくないからだって言うんです。授業が楽しいわけがないでしょう!」

この男の子は1年生。

アンカラママの授業では、積極的に授業に参加してくれる、早熟型の子だ。

件の、英語の授業は、アンカラママも、どんぐり作品を壁貼りするときに、見たことがある。

アンカラママが「オウムメソッド」と密かに名づけている、何十回も同じフレーズを言わせて暗記させる、つまんない授業なのである。先生は年配のベテランの人。

しかも、DVDをかなりの音量で流すから、うるさくてしょうがない。

耳栓をつめたり、耳を手で押さえたり、と聞いて、アンカラママは、「脳を守るために本能的にやっている」のがわかるから、子供たちが気の毒でたまらない。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

アンカラママ

Author:アンカラママ
トルコ エスキシェヒル在住

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR