いたずらっ子ができて、優等生が詰まる その2

1年C組は、いっときも目を離せない男の子が一人いる。その子は、5分くらいなら絵を描いてくれるのだが、描いているときもずっと大声で一人でしゃべり続け、文房具などすぐに無くしてしまうので、クラスの子の筆箱から勝手に失敬するたびに、騒動が持ち上がる。アンカラママは自分の色鉛筆セットを貸してやり、なんとか10分くらい持たせることもできるのだが・・

昨日はその子にかかりきりになっていて、他の子の注意がおろそかになっていた。すると、クラスの女子たちが、「どんぐり問題」をめぐってけんかを始めたのである。

クラスのおしゃれ番長のDちゃん。色つきリップでいつもぬりぬりしている。この子は、昨年1年生にあがることもできたのだが、家族の判断で、1年遅らせて1年生にあがってきた。クラスの女子の中に、仲良しグループを作り、クラスを仕切ろうとしている。

対するは、さわやか優等生のEちゃん。髪は短く切り、誰にならったのか、簡単な計算式を書くこともできる。クラスの算数の授業は、まだ「9」をやっている、というレベルだが。

さて、Dちゃんはここの幼稚部の出身だから、どんぐり3年目なのに対し、Eちゃんは外部の幼稚園から来たので、この9月末からどんぐりを始めた。未経験者に合わせて、レベルを落とした問題から始めているから、今までのどんぐりは簡単だった。

きのうの問題は、うさぎの弁当屋さんの問題だった。

今まで、たしざん、ひきざんの式もつけて、模範的お絵かきをしてくれていたEちゃんが、答がわからずに詰まったのである。

日ごろ先生から怒られてばかりで、鬱憤のたまっているDちゃんが、それを見逃すはずがない。

席が向かい合わせなので、Eちゃんが困っている様子が面白くてたまらない。

おそらく、「そんなんもわからんの。バーカ」というような言葉を投げたのだろう。

Eちゃんが、顔を真っ赤にして「あんたのが間違ってるんじゃない。答はこうよ!」と言い返した。(たぶん)

それを、他の3人の女子が見物している。

いつも模範生のEちゃんのが正しいか。番長のDちゃんのが正しいか。値踏みしているのである。

日ごろのグループ分け、勢力図も関わっているので、感情的にボスの見方をするべきか・・

とまあ、アンカラママが少し目を離しているすきに、こんなおバカ劇場が展開されていた。

Dちゃんが、血相を変えて、アンカラママに告げ口に来る。

「Eが、あたしに「イ~~~ッってやった!」」

Eちゃんは、半泣きで、アンカラママを味方につけようとする。

谷川俊太郎の詩集「いちねんせい」の世界である。

来週から当分、このクラスのどんぐり問題は、最後の問いがカットされる予定。

答はありません。文章どおりの絵を描いてくださいね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

勉強になります。

こんにちは^^いつも、勉強させてもらっています。

そのうち、どんぐり塾をしたいと思っています。

今回の「最後の問いをカットする」は、クラス運営では大事な部分ですね。それをサラッとできるのが、どんぐりとアンカラママさんの「技」だなぁ・・・。

Re: Re: 勉強になります。

おまつさん こんにちわ。いつもご訪問くださるとのこと、ありがとうございます。
さっき、一つ前の記事を読み直したら、文章題の数字を間違えまくっていました。
すみません、何のことかおわかりにならなかったと思います。
こんなアバウトな性格ですが、どんぐりの先生やってます。
おまつさんもぜひどんぐり塾を開いてくださいね。

最後の問題カットは、どんぐり先輩のちゃこさんのブログで教わったものです。
私もどんぐり先輩方からいろいろ教えてもらい、自分でも試行錯誤の毎日です。
かっこいいことばかりではなく、低学年の教室ってこんなんです。
低学年の子供は1年でものすごく変わりますので、面白いですよ。
FC2カウンター
プロフィール

アンカラママ

Author:アンカラママ
トルコ エスキシェヒル在住

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR