子供が変わるとき 

先日の記事で、2年A組の味噌っかすの子が一等賞の作品を描いたことに触れた。

この子は授業中にえんぴつを噛んで、全部ぼろぼろにしてしまうような子だった。おとなしくて、存在感が薄い。

1年間かけて学習したアルファベットの読み書きを、夏休みに全部忘れてきた、といって、担任の先生を嘆かせたのだった。

席は、いつも担任の先生の真向かいだった。目が届くように、ということ。

きのう、A組の担任の先生が欠勤したので、アンカラママがふだんのどんぐり以外に3コマ入った。折り紙、レクリエーション、そして、「四角に切れ」を作って配った。数字に応じた面積をマスの中で見つけていく算数パズルである。トルコではまだないらしく、周囲の大人は誰も知らなかった。(うちの息子たちはニコリのパズルサイトからダウンロードしたものに一時はまっていた)

このパズルは、奇数、偶数、素数、約数などを視覚で理解できる優れもの。通常のものは、そういう要素を意識していないので、アンカラママは、12などの約数が多い数を入れ、2×6 や 3×4 などのマスで切れるように作ってある。 

初心者用に分かりやすく作ったので、子供たちはすぐに要領を理解した。それでも、最後の9×9マスの作品は手こずっている。

味噌っかすのUくんがきた。「できた」
パズルを手に、にこにこ笑っている。

「え・・もうできたの?」「うん」
「あれ、驚いたよ。よくわかったね。」

この子は今まで、クラスで一番になったこととか、先生にほめられたこととは無縁だったのだろう。

「次のパズルをちょうだい」
難しめのものをもらってうれしそう。

Uくん、今日は「コロコロとごろごろの問題」に果敢に挑戦。
コロコロの所要時間は出たが、ごろごろの時間を出すところで時間切れ。

1年生のときの、頼りないどんぐりからは、別人みたい。
初めての課題に対する躊躇、逃げが感じられない。

小さな子供特有の、預けきった信頼の目で、アンカラママをしっかり見ている。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

アンカラママ

Author:アンカラママ
トルコ エスキシェヒル在住

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR