2MX22 アリンコのチビチョビ問題

<1MX82><2MX22> 
アリンコのチビチビ君は一歩で3mm、チョビチョビ君は一歩で5mm進む事
が出来ます。今日は、とても天気がいいので二人はお散歩に出かける事に
しました。目標は家から90cm離れている木の上です。二人は同時に出発して、
一秒で一歩進みます。では、どちらが何秒遅く木の上に辿り着くでしょう。

最初に取り組んだのは昨年11月。下の子がはじめて大苦戦した問題だった。

1日目チビチビ、2日目チョビチョビと、2日かけて図を描いても、正解に辿りつけない。
苦労をしたつもりが、正解にならないので、気分を害していた。
3度目の挑戦で、かろうじて正解。

2MX22で再登場したときも、具象手法でガンバルのだが、どうしても途中で描き間違えてしまう。
「この問題は一生やらへん」

このあと、どんぐり自体、しばらく拒否したくらいだったから、アンカラママは、分からん帳に入れるタイミングが悪かったかな、と後悔。類題の2MX21は、本人に与えずにそのまま分からん帳に入れた。

この夏休み、分からん帳に入っていたこの問題を、改めて下の子に与えた。
下の子「これ、やりたない」
アンカラママ「まあ、前回から大分たってるから、なんかうまい方法思いつくかもしれんよ」

下の子、しぶしぶ取り掛かる。

家から90センチ離れた木の図を描き、チビチビを出発させ、「くそーっまた100個も200個も描くんか・・」3ミリごとに進ませているうちに、

「ああっ分かったあっ!」
「これはな、これ、わりざん使ったらええねん。・・ママが言ってたうまい方法って、このことやったんか」

900÷3=300

チョビチョビの900÷5は、筆算ができないため、

900÷9÷5=20 20×9=180
のやり方で、図で解く。

300-180=120 答 チビチビが120秒遅い

900÷3=300の式を見ながら、
「そうか・・わりざんにはふたついみがあるんや。900を3つに分ける、っていういみと、900の中には3がいくつ入ってるかっていういみや」

「距離÷速さ=時間」の関係も導き出しているのだが、まだ「速さ」の概念が弱いので、意識していない。

3日後、同じく分からん帳に入っていた2MX21に挑戦。2秒で1歩の設定。
各所要時間を2倍して、すぐ解いてしまった。

速さが半分になれば、時間が倍になる関係も、イメージができつつあるらしい。

下の子、小2。どんぐり歴1年半。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

アンカラママ

Author:アンカラママ
トルコ エスキシェヒル在住

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR