タブレット 自分で修理

アンカラママがどんぐり指導に行っている子のタブレットの液晶面に、放射状の割れ目が入った話は、先日書いたとおりだ。

クラスの子が落としたのに、学校は、約2万円の修理代を要求し、親が怒っていた。

今日、家に行ってみたら、お父さんが液晶面のパーツを調達してきて、自分で交換していた。

サムスンのタブレット。電源は入るし、触って反応する状態。

まず、タブレットの四方からスクレーバーを差し入れ、枠をはずす。

液晶面の四方の端に、ドライヤーをあて、糊をゆるめたあと、スクレーバーを差込み、液晶面をはずす。

これはガラスでなくて、透明プラスチックのスクリーン。結構薄い。

スクリーンはぱらぱらひびが入ったあと、ばりっと剥がれる。

そのあと、画面に残った異物を丁寧に取り除き、新しいスクリーンを貼る。スクリーンは、保護シートをはずすと、四方に糊がついていて、そのまま貼れる。

スクリーンに黒いリボンのような接続端子がついているので、それを本体に差し込む。

枠を元通りはめて、修理完了。

3000円で済んだ、とのこと。

「自己破損だから、保障は効かない。全部モジュールで出来てるから、どんなパーツだって交換できる。やり方は、ネット動画で、調べた」と言っていた。

お父ちゃん、頼もしい。

ま、その学校に行かせてる時点で、落第だけどさ・・・・

知恵袋には、佐賀県のタブレットの件で、いろいろ書き込みが出てる。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

アンカラママ

Author:アンカラママ
トルコ エスキシェヒル在住

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR