H君のどんぐり

どんぐりっ子H君。この秋から1年生。
お顔は、かねてつのてっちゃんを彷彿とさせる。

まだ学校ははじまっていないから、いまだ算数の授業を受けたことなし。
まだ読み書きができない。数字もほんのちょっとしか書けない。
だから、問題はアンカラママが読んであげる。

「最初はいくつあったのでしょう」問題は、自分が最初にいくつ描いたか、もしくは、最初は1つあったに決まっている、と考える。

解けなくても、親も気にしないから、子供はのびの~び。
「今日も、Hがおもしろいもの描いた」親も爆笑。
これが、一番大事だったりする。
宿題のプレッシャーもゼロ。

どんぐり歴5ヵ月の今、0MXの簡単な比の問題がわかる。
太陽とかみなり問題、モグラのもちつき問題みたいな。

アリンコのりんこちゃんが泣き出したとき、真っ黒な雲がやってきて、雨が降り出した。
雨は酸性雨だから、黄色くて怖い。
なかなかシュールなイメージ。

バッタも金魚も、それぞれの物語がある。
学校で「これは足し算!これは引き算!」って反復練習させられる前に、こういう経験はいいなあ。年長さんがどんぐりの開始適齢期って本当だね。

今日は糞コロガシ問題も解いてしまった。アンカラママが誉めると、
H君「ボクね、がっこういったら、クラスでいちばんになるんだ。」
アンカラママ「ほおお~」
H君「それでね、きゅうちょうになるの」
アンカラママ「ほおお~」
H君「おおきくなったら、アンカラでいちばんのだいがくにはいるんだよ」
アンカラママ「へええ~」
H君「それでぼくはアンカラしちょうになるッ
アンカラママ「へええええええっ」

H君「いっぱいこうえんつくるんだ」
アンカラママ「いいなあ・・・きっとHならなれるよ・・・」

H君!大きくなったら、アンカラ市長になって、アンカラ教育委員会の改革をやってね。
あと40年後くらいかなあ・・・アンカラママ、選挙運動するからね。

アンカラ婆・・・


スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

アンカラママ

Author:アンカラママ
トルコ エスキシェヒル在住

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR