2年生 カード問題

2年生クラスでは、カード問題をやっている。

5分で3枚の巨大カードを作ることができるカード製造機があります。
できたカードは順番に積み重ねます。カードの厚さは10ミリです。
この機械は積み重ねたカードの厚さが15㎝になると自動的に止まってしまいます。
では11時45分から機械を動かし始めると、何時何分に機械は自動的に止まるでしょうか。

途中で投げ出す子は1人もいない。とにかく描けるものは全て描き出し、ページがみるみる埋まっていく。

担任の先生は、目を丸くしているが、当の子供たちは、クラスのほとんどの子が解けてしまうので、それが普通と思っている。

寺子屋の子なら、それぞれの学校で、周囲の子はわかっていないのに、どうやら自分だけがわかっているらしい、という経験をするものなのだが、ここでは学校ぐるみでやっているので、それが当たり前になっている。

そのあと全員分の作品が壁に貼られるのだが、最後まで解けた子供が、解けなかった子供に、達者な口調で説明をしている。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

アンカラママ

Author:アンカラママ
トルコ エスキシェヒル在住

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR