夏休みどんぐり課題

4ヶ月近かった今年の夏休み。

低学年の担任の先生からは、読書課題だけが出ていた。

アンカラママは2年生にだけ、0MX・1MXから18問、自由課題に出しておいた。

どんぐり大好き先生のA組は、半分近くがやってきた。

新学期や保護者会で、

「どんぐりどっぷりの夏でしたよ!子供が楽しんでやってるとこを見てたら、こちらまで楽しくなって・・・」

新学期に保護者の目がキラキラしてるんだから笑える。

今まで宿題を出すことはなかったから、初めてわが子がどんぐりをしているところを見たのである。

保護者向けの手紙に、考える機会を与えることが目的なので、ヒントはだめ、と書いておいた。

それでも、保護者を巻き込むことは重要なので、授業で触れることのなかった「ラッキーマッキー問題」を入れておいた。

もしかして、親がヒントを出すかもしれないが、あえて一緒に考えてもらう目的。

宿題を提出した12人のうち、全員が取り組んでいたが、正解者が3人いた。

自力でやったかはわからないが、あの絵図が描けたのなら、保護者は絵図の使い方を理解しているので、

どちらにしてもよしとする。

1人だけ勘違いした保護者がいて、子供のどんぐり帳に、xを使った比例式を書きまくっていた。(不正解)



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

アンカラママ

Author:アンカラママ
トルコ エスキシェヒル在住

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR