保護者感想

新年の保護者会は、クラス別で、先生方が授業方針など、話して回るのだが・・・

どんぐり大好き担任の3年A組。

アンカラママが教室に入ると、

先生がどんぐりの説明を、嬉々として始めとるよ~~~

「彼女の授業は私の考えにぴったり一致しているんです。これ見てください。この間の全国実力テストの算数の問題で、できなかった問題は、どんぐり式で、やりなおしてくるように言いました。全員、絵図を描いて解いてきました」

アンカラママがスピーチを始めようとすると、

保護者が「ひとこと言わせてください。この夏、私たち親子はどんぐり宿題に取り組んで、本当に幸せな時間をすごしました。娘が楽しそうに解いているのを見て、本当に、なんというものを娘は得たのだろう、あまりの理解力に、信じられない思いでした。一問、とても難しい問題が入っていて、私たちは、実際に体を動かして、再現してみました。(ラッキーマッキー問題のこと)娘は全問正解し、アンカラママにお褒めのコメントをもらって、天にも昇る心地です。そのうち、娘は、家に来るだれかれに、どんぐり問題を出題し始めました。その反応をみて、私は、娘が得たものが何なのか、はっきりとわかりました」

宿題をやってきたのは、ほとんどが女子なのだが、女子の保護者は「そうだそうだ」とうなずいて、喜色満面である。
やっぱ、夏休みどんぐりは、効果的なのだ。

この保護者は、この気持ちを誰かに言いたくてたまらないらしく、わざわざ学校のオーナーにも言いに行ったらしい。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

アンカラママ

Author:アンカラママ
トルコ エスキシェヒル在住

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR