ころころ、ごろごろの問題 

昨年度 半ばの、2年クラスの記録。

子供たちは、1メートルは、100センチ、というのは通常授業で習っているので、知識として知っている。さて、1メートルは、これくらい、と両手を広げて確認する。子供たちは、こういう絵図を描くのは初めてである。

線を引き、線の上に1m(100cm)と書くのは、ほとんどができる。まず20cmで割っていく図を描かなければならない。

数人の女の子は、100cmと書いた線に、あらかじめ100個の目盛を打つ。それから、ひとつひとつ数えながら、20cmを記入していく。
男の子は、まず、ものさしを出してきて、20cmを確認する子が多い。そして、これはどうもお絵描き帳に収まりそうにないぞ、と気づく子もいるが、数人はその20cmを計って描いていく。1mと描いた線の後半の場所に、最初の20cmを記入することになる。う~ん仕方ない、1m線を伸ばしてみるか・・・と、線を折り返す子もいる。数人は、最初の20cm記入時で1m線がほぼ終わってしまい、そのまま考えこんでいる。何度も何度も描き直してみる子もいる。

中には、実物大の図にこだわり「紙が足らない」と言ってくる子もいる。その子には、紙を貼って継ぎ足してやる。ある子には合計4枚紙を継ぎ足してやった。

20cmと、10分の、記入がずれていたり、絵図は描けるが、時間の概念が弱く、時間が長い方を、早く到達する、と回答してしまう子もいる。

授業が終わり、廊下に作品群が貼り出される。最初は実物大の20cm、それからどんどん縮小されていく20cmで、無理やりお絵描き帳に収めている作品や、最初からスマートに縮小図を描いた作品もある。悩んだ子供たちは「なんだ、こうやって描いたらいいのか」。掲示ボードに、子供たちの人生初の、100cm図が集合し、それは楽しい。

夏休みの宿題に、コロコロごろごろの問題を入れておいた。 全員がばっちりの縮小図を描いていた。
こうやって、比が意識的に使える準備ができていく。

3年生と4年生の他校の子供が、親御さんと体験どんぐりに来た。頭の健康診断で、同問題を解いてもらうと、図はおろか、手も足もでない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

アンカラママ

Author:アンカラママ
トルコ エスキシェヒル在住

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR