あなたが教えられるなら教えて下さい

公立4年クラス。

先週の項目は、4桁の虫食い筆算。4則出るのだが、足し算と引き算で、どうしても理解できない子供たちがいる。
ボードでテスト対策をする担任のエメル先生。当日になっても、
1234
+****
3000

のような計算で、1234-3000の計算をし、答えを出す子たち。もちろん、答えは間違っている。

エメル先生は、とても熱心な人で、何度も何度もパターンを教えるのだが、子供たちがどうしてこんなとき方をするのか理解できないので、大声で子供たちを叱る。
「あなたたち、4年にもなって、一体どうするつもりですか!!」

しまいに、教室の最後尾にいるアンカラママに向かって、「これ見てくださいよ!もう、あなたが教えられるなら教えて下さい!私にはどうしても教えられないわ!!」

「あれは私だ」とアンカラママは思う。どんぐりを知る前の自分、7年前、小さな息子2人に、無理やり教えようとしていた私だ・・・

アンカラママには、子供たちがどうしてこういう状態になっているのかわかる。

虫食い計算は、1年生で始まる。

 2
+□
10
という問題で、学校では、「2にあとどれだけ足したら、10になりますか」という教え方をする。
子供たちは、指を折りながら、「3,4,5、」と数えていき、10まで数え、答えを出す。
これは、間違ったやりかたではないのだが、桁数が大きくなったとき、できなくなる。
そこで、パターン暗記しようとし、間違う。

計算問題ばかりやらされた結果、式の意味を考える習慣、全体を見る習慣を育ててもらえなかったのだ。
気の利いた子供なら、桁数を小さくした数をあてはめてみて考えるとかもできるのだが、硬直した頭は何も考えられない。
ごく普通の子供たち。

アンカラママは、次のどんぐりの授業で、うさぎの虫食い算をやろう、と計画を練る。

ボランくんは、エメル先生が大声で他の子供を怒るとき、今まで何の反応もなかったのが、先週から反応を始めた。ボランくんに怒りが伝染したかのように、心臓の鼓動が高鳴り、「ナー」と言いながら本やノートを床に落とし始めた。本当はさっさと教室を出て行きたいのだが、ボランくんのお母さんの意向に逆らうわけにいかないので、ボランくんを抱きしめて、「うん、恐いね。大丈夫。私がいるよ。」と落ち着かせる。

アンカラママも傷だらけだ。3日前は、いきなり立ち上がったボランくんの頭とアンカラママの口元がぶつかり、口びるから出血。2日前は、開閉式の机の天板が、アンカラママの手をはさみ、内出血で腫れ上がる、といった具合。頬も引っかき傷だらけ。一瞬のタイミングの遅れで、彼の手を押さえるのが間に合わない。

アンカラママの前に来ていたつきそいの人のそばでは、彼は一日中おとなしくしていたというから、先生から見ると、ボランくんをひどく甘やかしているように見える。ボケーと座っていると、先生の言うことを聞いている、と思っていたのだ。アンカラママは、ボランくんが反応するのは、いいことだと思っている。

金曜日5時間目、クラスの子供たちに、折り紙を教えてあげた。簡単なクリスマスツリーである。
折り紙に慣れていないので、途中で形を崩してしまう子もいる。
悲しそうな男の子に、「私もこれ初めて作ったとき、失敗したんよ~大丈夫、救ってあげるからネ」
女の子が休み時間に「アンカラママの授業が、毎日あったらいいのにな」

いつか、そうなるのかもしれない。いつか、小学校の時間割に、毎日1時間、どんぐりの授業が入る、
そんな日が、

いつか・・・

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

アンカラママ

Author:アンカラママ
トルコ エスキシェヒル在住

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR