糸山先生とのメール 2

音楽、図画工作、体育の授業は、自分自身全くできない

⚫️教育の統一場理論を教えてあげると楽になりますよねぇ。

音楽を通して、思考力養成をする。

音楽で表されている対象を絵図で表す練習をする。

図画工作

図画ーデッサン方法はIF法での書写と同じ原理で視考力を育てる。

対象を見るー覚えて目を閉じるー繰り返すー対象を見ないで頭の中の映像を見ながら描きだす。細部を修正する時も、見ながらではなく、「見るー覚えるー再現するー再現したものを見ながらかき出す。

工作は、平面から立体にする練習。設計図面を書く。

立体図ー平面図ー二次元から三次元を構成する。

体育は、できるとわかるの区別を確実に体得させる。そうするこよで、子ども自身が自分の状態を、たんにできるできないではなく、現状と目標とギャップとが分かり、解決策もわかるので、取り組み方がわかる。「逆立ちができるとわかるの違い」

すべては、脳内視覚イメージの再現ー操作のコントロール練習。

音楽と工作を足して
単弦ギター作成と演奏による音という言葉の理解
なども面白いですよ。
本物の弦の代わりに、鉄線でも、ナイロン糸でも可能。

「単音で表す風の音」
単弦ギターの設計図
作成
音の調整による表現対象を絵図化する。
などなど。

picture thinking with emotion

を仲立ちとして全てを使って視考力を活用した思考力養成をいかがでしょう。




スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

アンカラママ

Author:アンカラママ
トルコ エスキシェヒル在住

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR