どんぐりの授業はヒミツ

先月より、小2クラスで、どんぐりをしている。

担任の先生は、後ろの席でスマホをいじっているのだが、ラクしてるのが後ろめたいのか、子供たちには「アンカラママが来て授業してるのは、誰にも言っちゃだめよ」といい含めているのだという。

「他の先生たちが、うちにも来て、と言い出したら、あなたが大変でしょ。まあ、子供のことだから、言っちゃうかもしれないけどね」

本当は、他の先生たちにも、見学に来てほしいのだが、公立で無資格の人間が定期的に授業を行うのは、もちろん禁止なので、ややこしい問題が持ち上がらないとも限らない。

田舎の学校なら、問題にもならないと思うのだけど。

金曜日、休み時間に、小奇麗な年配婦人が、上の階の4年のクラス(アンカラママは普段このクラスにいる)に現れた。2年の女の子を1人連れている。

「私はこの子の祖母です!うちの孫に、授業をしてくださってありがとうございます!孫はあなたの授業が大好きで、家でその話ばかりするんですよ。私も、元数学教師です。引退いたしましたが。孫に、ぜひあなたと写真を撮ってほしいとせがまれまして、お邪魔いたしました。」

2年の女の子は、エヘヘ、と笑っている。
先生の言いつけを忘れて、どんぐりの授業を漏らしましたね・・というか、子供からしたら、何でヒミツなのか、わけがわからないだろう。

ボランくんはバナナを食べている最中で、おとなしくしてくれていたので、写真撮影は無事終了。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

うふふ

面白い展開が続きますねぇ。捻挫は、もう大丈夫なのですか?

Re: うふふ

レオンくん、コメントありがとうございます。

おかげさまで、充実した、面白い40代を過ごさせていただいています。
捻挫はほぼなおりました。若いときと違って、回復は多少遅かったのを感じます。
先生も、どうぞご自愛ください。




FC2カウンター
プロフィール

アンカラママ

Author:アンカラママ
トルコ エスキシェヒル在住

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR