お嬢様のどんぐり 2

2年生のお嬢様、Hちゃん。

黒人の家政婦はやめて、中央アジア系の家政婦さんに代わっていた。

「わたしが選んだの。日本人に似てたから♪」Hちゃんは日本ファンなのだが、7歳でこんな環境で育つと、算数力は難しい。

「今日は巻尺を持ってきたよ。Hちゃんの身長が知りたくってね。自分の身長、知ってる?」トルコの学校では、身体測定がない。
「知らないわ・・・」手のひらで、頭から測ってみようとするHちゃん。手のひらで、およその長さをはかる、というのは1年の課程に入っている。
「さあね、30センチかしら・・・」
「30センチは、目の前にあるものさしの長さですねえ。」
「あ、そうなの。」今度は、ものさしで座ったままの自分を測ろうとする。
「100センチくらい・・・?」
「じゃ、壁に行って、測ってみようね。」実際に測ってみると128センチだった。
「この目盛、読んでみて」
「え・・ひゃく、ええと、わたし、読めないわ。」
そこへ、お母さんが様子を見にくる。「H、これ、読めないの?」
「学校でまだ習ってないもの」
たちまちお母さんの顔が険しくなる。
アンカラママ「じゃ、ちょうどいいんで、今日予習をしますね」

128を説明するアンカラママ。
確かに、2年生の算数では20から100までの加減しかやらない。
しかし、3年になったら、1000までの四則計算が入ってくる。
1000までのイメージがないまま、筆算のテクだけを教わるのはまずい。

アンカラママ「じゃ、アンカラママの身長はどれくらいでしょうか。予想してみてね」
Hちゃん「そうねえ、うーん、千 とか・・?」
アンカラママ「1000センチって、このマンションの1階から3階くらいの長さですねえ。」
Hちゃん「え、そうなの」
アンカラママ「測ってみよう」

買い物も、カード支払い。
日常の買い物は、家政婦さんがしているかもしれない。
「今月は電気代が160リラも来たぞ」「ギャッ」みたいな会話を聞くチャンスもない。

トルコの100リラは日本円の15000円くらいの感覚にあたり、子供には大金だから、触ったことがない子も多い。
あの家政婦さんに、一人っ子のお嬢様と人生ゲームでも遊んであげてって頼もうかな。

かわいいHちゃんの写真が、トルコブログの左側面にアップ中です。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

アンカラママ

Author:アンカラママ
トルコ エスキシェヒル在住

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR