7x7は何ですか?

どんぐりっ子ばかりの学校から、どんぐり初心者ばかりの学校に移ると、あらためて「えっうそでしょ!」と衝撃を受ける毎日。

今日の、3年生の授業。三角視算表を初めて使ってみた。とりあえず、スタンダードの、上が空いているものを埋めてもらう。

女子が1人、7x7 がわからないというので、紙の裏に、7個のマルを7セット描いてやって、数えてごらん、と言ってみた。

その子は、ポカーンとしたまま、動かない。

ああ、そうだった。この子は、掛け算の意味を知らないんだ。

でも、これは、前校なら、考えられない事態である。そんな子は、転校生を除いては、確かに1人もいなかったのだ。

掛け算の答えがわからなければ、○を描いて、数えれば済んだから、誰もが普通にやっていた。というか、そういうものだと思っていた。

そのうちに、5x7 と 2x7 を足せばいいな、などと、各人発見したりしていた。見えるから、可能なのだ。

この学校でどんぐりを初めて、1ヶ月半。 幼稚部と1年生が、ぐんぐん賢くなってきたのに対し、2年生と3年生は、その速度は遅い。

今日は、幼稚部で、30本のシシカバブを、毎日5本ずつ食べたら、何日かかるか、というお手本をボードでやっていたのだが、だんだん苦しくなるアンカラママを見て、「あと10本残っているから、2日かかるよね」などと、幼稚園児が話しているのが聞こえてくる。最初の、ポカーンとしていた受身の子たちの、目がきらきら輝き始め、わくわく感を共有する楽しみがたまらない。

アンカラでの前校の場合、創始者が幼稚園の先生だったこともあり、今の学校に比べると、宿題がずっと少なかった。それは、教材の、1ページあたりの問題数が少なかったことも大きい。

下校時刻が遅い私学で、低学年は、週末以外は、ほとんど宿題がなかった。最終校時にその日の復習をやってしまっていた。

今の学校は、低学年でも、宿題が多い。そして、買わせる教材が多い。しかも、一目みるだけで胸がむかつき、怒りがこみ上げてくるレベルである。

日本の計算ドリル真っ青の、数字が入れ替わっただけの、反復問題で、ぎっしり埋まっている。

過去の、宿題マシーン時代のいやな記憶がよみがえる。大人でも、電卓ナシでやれと強制されたら、十円ハゲのひとつもできるだろう。

自らの感情を押し殺し、マシーンに徹した年月。問題の意味なぞ吹っ飛ぶ。機械的に処理していくだけの時間。

あれを子供にやらせたら、あっという間に考えられないカチカチ頭の出来上がりだ。脳が発達するどころか、萎縮する。

ストレスのせいで。

まじめな親子ほど、つぶされてしまう。

先生は、掛け算の意味を授業で教えているだろう。しかし、あの反復教材で、イメージできない、考えられない頭になってしまう、とは知らない。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

アンカラママ

Author:アンカラママ
トルコ エスキシェヒル在住

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR