僕、どんぐりやってて良かったな

昨年、先生に恵まれず、実質4ヶ月ほどしか授業が成り立たなかった上の子のクラス。

母国語で教育を受けても、わからない子が出てくるのに、英語で授業を受けたら、イメージが使えない子はどうなるか。インターに行かせたら、自然と英語ができるようになる、とか、子供は慣れるのが早いから、といった考え方が、いかに危険なものか、ということだ。

子供が言うには、4年になって、クラスの大半が、掛け算がわかっていない状況らしい。

おとついの宿題は、九九の表を書いてくること、だった。

アンカラママが、マシーン出動を提案したが、上の子、自分でやると言う。ものさしを使って表を作る練習になればいいかと思って、やらせた。

翌日、宿題はやり直しになった。A4の裏表でなく、表に1から10の段まで全部書かないといけないという。ばかばかしいので、宿題をやらせない旨手紙を書いて持たせた。

上の子は、三角視算表を使っているので、掛け算は速い。
「みんな、めちゃくちゃ遅いんや。僕がノートにやって、ボードに答も書いても、まだ僕の方が早いんやで。僕、このごろいっつもボードに答書いてんねん」
「4かける3がわからへん子がいるんや。何でこんな簡単なことがわからへんのやろ。その子、英語も普通にしゃべれるんやで」

アンカラママ「それはな、掛け算の意味がわかってないからや。4×3は12、って覚えてなかったら、自分で答を出されへんねん。日本にもそういう子はおるんやで、9×9は九九で覚えてるから答を出せるけど、9×11がわからへん子とか。あんただってどんぐりやってなかったら、そんな風になっとったかもしれん」

上の子「僕、どんぐりやってて良かったなあ」



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

アンカラママ

Author:アンカラママ
トルコ エスキシェヒル在住

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR