開花していくクラス

アンカラママがこの学校でどんぐり開始時から、ほぼ毎回授業に入ってくださる2年の担任の先生。

落ち着いて授業ができるので、子供たちはどんどん開花を始めた。

3年クラスもどんぐりをやっているので、3年クラスの上、というわけではないが、3年クラスがどんぐりをしていなかったら、とうに抜いていただろう。

この年頃の1年の差というのは、大人と違い、非常に大きい。

先生は、毎回見ているだけでは我慢できなくなって、とうとう自分でもどんぐり作品を描き始めた。

絵心のある人で、うますぎるのだが、先生がどんぐり体験することは重要なので、先生の作品も壁に張り出しておいた。

どんぐり5ヶ月目。

この先生は展示作品を、毎回丁寧にチェックしていたので、絵を見る力もついてきた。アンカラママも、機会あるごとに解説する。

これまで学年で共通の問題をしていたが、ぼちぼちクラス別で差をつけていってもいいかもしれない。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

アンカラママ

Author:アンカラママ
トルコ エスキシェヒル在住

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR