花開く子供たち、ドツボの幼稚部

どんぐり歴半年に近づき、子供たちがどんどん花開いていく。

勝手な絵を描いていた子供たちが、急に問題に沿った絵を描き始め、3年生クラスの掲示板にころころゴロゴロ問題が並ぶ頃。

幼稚部の子供たちが、いきなり、どんぐりができなくなった。

字の練習が始まったのだ。

1年生の教材に、1年生用のノートまで使い、紙面を字で埋めることを強要しはじめた。

前のアンカラの学校でも、体験したことなので、こうなるだろうな、と予測していたが、本当に気が滅入る。

影響なく、どんぐりができるのは、クラスの1割程度。普通は、悪影響をモロにかぶってしまう。

1日に40分間の、単純作業の苦痛の時間が、5歳児にどれほどの影響を与えるか。

どんぐりだからこそ、分かる。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

アンカラママ

Author:アンカラママ
トルコ エスキシェヒル在住

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR