大人どんぐりの効果

どんぐりを知って約8年。

先日、書道をやってみたらやたらうまくなってた、と書いたのだが、実はほかにもいろいろある。

1 運転がうまくなった

アンカラママは、子供のころは体が弱く、体育も下手、特に球技が苦手で、空間認知能力が人より低い。

大学の終わりにオートマ免許を取ったはいいが、地図は読めないし、車庫入れはぶつけまくり、家の前の電柱にもサイドを擦りまくり、いつもおぼろげな感覚で運転していた。

ところが、どんぐりをやって5年目くらいから、なんとなく空間の感覚がつかめるようになり、車庫入れも、きわどいものでなければ、うまくはないが、できるようになった。運転していて、余裕ができた。 トルコでは運転していないので、日本に里帰りした際だけ運転している。なので、年季で運転がうまくなるケースではありえない。

2 ロゴの隠し文字に気づくようになった

今まで特に意識してみることのなかったいろんなブランドのロゴの隠し文字に、ときどき気づくようになった。どうして今まで気づかなかったのか、子供たちに「え、今頃気づいたの?」と逆に驚かれる。

3 学力アップ

中2で数学の苦手意識ができてから、下降一方だった。大学受験は文系3科目に絞って勉強したものだった。数学には一生かかわりたくなかった。公務員試験など最初からあきらめていた。

数年前、ためしに地元の市役所の契約職員の試験を受けてみた。一次試験は、一般教養のペーパーテストである。会場は、ざっと数えて500人の人が受けに来てたが、リクルートスーツを着た人、中年の男性、直前まで時事問題の問題集を開いている人など、皆真剣そうだった。

何の準備もせず、普段は海外にいるアンカラママは、3番の成績だったと通知が来た。一次試験をパスしたのは、12人だけ、ということだった。中学程度の、数学の文章題が、面白いように解けたのがうれしかった。式を立てず、絵図で解いたのだった。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

アンカラママ

Author:アンカラママ
トルコ エスキシェヒル在住

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR