第1回ワークショップ

腹をくくったアンカラママは、ワークショップを6回、合計12時間の計画を立てた。

1回目は理論だけ、2回目からは、1時間は、理論、1時間はどんぐりを解く時間にあてた。

1回目、2人の中学の数学の先生を迎え、無事終了~

テーマは脳の発達。リンコとりんごなどの例を交えて、分かるとはなにか、考えるとは何か、を教える。

簡単な問題例の絵を描いて見せて、今、頭が瞬間的に思考したけど、どういう経過を辿ったか、丁寧に分析して見せる。

「本当は、小学部の担任の先生方こそ来てほしいんだけど、PYPの研究会が始まって、多忙だから・・」

すると、押さえていた不満が爆発。「あの人らはね、言ってもわからんし、何も変わらんわよ。自信満々で、子供らを中学部に送り込んでくるけど、基礎がない子らばっかりで、こっちがどんだけ苦労してるか。倍数算を教えようとしたら、倍がわかってなかったり、分数計算を教えようとしたら、分数のイロハも知らなかったり。こっちで全部教えなおして、プラス、中学部の内容も教えていかなきゃならない」

現在、中学は、5年から8年まで。分数は4年で、同分母の加減が入る。

アンカラママ「私は、少しずつ現場の意識を変えていこうと頑張ってるよ。主任に、宿題の改革を言いにいったりもしてる。エスキシェヒル、宿題の量が、10年前のアンカラみたいに多いもん。今、アンカラの私学、ここまで宿題ださないよ。イスタンブールもそうらしい。でも、どんぐりの絵を見ても、分からない先生が多いんだよ。だから、授業もああなるんだけどね。ここだけは、押さえてほしい、っていう項目もわからないから、いらんところで、時間を取りすぎてたりね」

すると、年配の先生は、
「わたしもね、実は、ずっと娘の宿題をやったのよ。左手でやってたから、しまいに私の左手は、右手みたいに動くようになっちゃったわよ」

2時間はあっという間に過ぎた。「面白かった!時間がたつのを忘れるほどよ」

そして、今、アンカラママが教えている3年生が、中学部に来るのを、楽しみに待ってるから・・・のせりふで、1回目のワークは終わった。

来年度、今の3年を、もう1年教えられたら、割合の基礎を仕込んであげられる。そうすれば、分数計算なんて、楽勝。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

アンカラママ

Author:アンカラママ
トルコ エスキシェヒル在住

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR