「トルコ速読協会」

トルコでは、教育後進国のコンプレックスが強く、外国のメソッドをありがたがる傾向がある。

国定教科書の最後のページを見ると、引用した外国の教科書のリストが延々2ページも載っている。

子供があきれ果てて「見てみい、トルコの教科書はコピペばっかりや。いったい、どのページを自分らで書いたんや」

教育省の県支部が、小中学校教員向け夏休み研修のお知らせを学校に送ってきていたが、内容といえば、

「モンテソッリ 速読 そろあん」 となっている。 海外発のメソッドばかり。講師を招いて、研修をやるのだろう。

ところで、速読だが、頭がよくなるメソッドとして、結構知られている。

小1から、一分で何単語、と具体的に目標を決めて、音読させる先生も多い。

アンカラママは、トルコ速読協会?の主張を読んでみる。

hizliokuma.orgより

遅い 160単語以下/分 速い 350~800単語/分  超高速 800から1300単語/分

80から160単語  遅い読者。集中力に問題があると言える。このレベルの読者は、一般的に理解力が低い。
160から220単語 トルコ平均。このレベルの読者は、集中力、理解力ともに、一般的に低い。
220から320単語 トルコ平均よりは上だが、西側先進諸国の平均であるにすぎない。
320から500単語 平均よりは上だが、速読に要する集中力の端緒にすぎない。
500から800単語 トルコ・西側先進諸国の平均の上のレベル。この速度で読む大半の読者は、インターアクティブで、正しい速度で読む傾向にあり、速読のコースを履修したことが伺える。読む速度とともに、理解力も上のレベルである。
800から1300単語 1300単語以上の速度は、物理的な側面から、理論上不可能である。このレベルの読者は、800から1300単語の範囲で読むが、理解を伴わない場合がある。しかし、特殊な教育を受ければ、800以上でも、理解を伴いながら読むことが可能なことが知られている。

*****メガ速読セット****
世界速読の権威、TONY BUZANと 記憶術の世界チャンピョン MELIK DUYAR(トルコ人)が監修したこのセットは、欧米や日本で使われています。  

引用終わり

おや、マインドマップで有名な方ではありませんか・・

ちょっと調べてみた。

WPMについて。(1分あたりの単語数)
WIKI英語版から。2012年の調査では、ラテン・キリル文字使用の17言語の調査の結果、一番遅いのがフィンランドの160前後で、速いのが英語の180前後となっている。これは、文法構造や書記法の違いからくる。ひとつの単語が長いフィンランド語では、WPM
が下がり、ひとつの単語が短い英語では、WPMは上がる。

引用元を見てみる。各国の詳細が載っている。
http://iovs.arvojournals.org/article.aspx?articleid=2166061
表1で、同一内容のテキスト各国版の、単語数一覧。
同じ内容でも、英語に比べ、トルコ語やフィンランド語は、単語数が少ない。
表2では、WPMが載っているが、トルコ語は、フィンランド語と同レベル。

これだけでも、上のサイトの説明が、インチキであることがわかる。
何が「集中力や理解力が低い」だよ。

確信犯か、単なるアホが作ったサイトか・・・

ところで、うちの学校でも、去年5年から8年までの中学生向けに、国語科の先生が速読セミナーやったらしい。

どんぐりワークショップでは、こういうことも先生たちと話し合っている。
みんな、今までなんとなく違和感を持ってたのが、数字のデータを見せると、納得。

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

アンカラママ

Author:アンカラママ
トルコ エスキシェヒル在住

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR