大収穫

アナドル大学教育学部で、学生さんたち相手にどんぐりを2時間語ってきた。

今後の、10時間ワークの参加希望者、45人。

近日中に、トルコでどんぐり先生が45人誕生する。

別途、各自、どんぐり200問解いてもらうことになっているから、アンカラママは9000問添削するんだけどね。

大半が大学4年生で、あと一月で卒業して、ばらばらに帰郷してしまうので、アンカラママが空いている金曜午後を使って、超スピードでやることになった。しかし、学生さんは国家試験を控えているため、どんぐりの授業だけ受けて、200問は夏休みにやってもらうことになる。

大学の先生が言うには、今日参加した学生さんたちの大半が、村の小学校に赴任することになるらしい。だから、ぜひともどんぐりを学んでほしかったと。

IMG_5566.jpg

真剣に宿題体験する 

IMG_5564.jpg

IMG_5563.jpg

「ああ~わたし、絶対この宿題出さない!」

IMG_5561.jpg

設備がほとんどない村の小学校で、大奮闘する決意の学生さんたち
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

おおぉ ! キタ〜〜 !

◎学生さんたちに写真付きのレポートを送るように言い渡して下さい。直接、コチラにでも結構です。英語であればなおさらいいですが、トルコ語でOKです。写真と問題番号がわかればどうにかなりますので。

donguriclub@mac.com

で待っていますからね。

合点です

学生さんたちが先生になるのは、9月ですので、レポートは半年後の話ですが、フェイスブックに、エスキシェヒル/どんぐりというグループを立ち上げてもらいますので、そこに投稿される予定です。

今回、大学での講座がうまく行けば、今後もこういう機会が訪れる可能性大です。さらに、エスキシェヒルには大学がもうひとつありますし、小学校教諭だけでなく、幼稚園教諭の学生さんもターゲットです。

夢が膨らみますね。

逆輸入

◎逆輸入ですねぇ。まあ、日本らしいと言えば日本らしい展開ですので、それもアリです。
FC2カウンター
プロフィール

アンカラママ

Author:アンカラママ
トルコ エスキシェヒル在住

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR