どんぐりっ子、算数オリンピックファイナルに

アンカラママの前の学校で、幼稚部から3年生前半までどんぐりをやったクラスは、今4年生が終わろうとしている。トルコでは、小学部終了、秋からは中学部だ。

生徒の一人、(お母さんは、まだ幼稚園児だった娘を遺して乳がんで亡くなった。アンカラママとも仲が良かった)トルコの算数オリンピック4年生の部で、予選のトップ5%に入り、来週ファイナルに行くとのこと。

アイドン県に新しくできたTALASという数学センターなのだが、サイトの冒頭に「物語のように具象化して解く」と書いてあって、お、これは・・と思ってみてみたら、標榜しているのはシンガポール算数とインド式速算術だった。予選で出題されている問題と、解法のビデオを見たら、60分で小問25題、なんの面白みもない旧態依然とした問題。解法も、見るべきものがない。残念ながら、作問できるスタッフがいないらしい。

彼女のお父さんは、しゃかりきになって子供を鍛える人ではないので、彼女が算数マニアになって勝手に成長したのだろうが、彼女以外の参加者は、対策問題集を買って、パターン対策しただろうと思われる。

担任の先生が言うには、彼女は他人の気持ちも汲める、素晴らしい人格に育っているとのこと。

さて、前の学校のSNSを時々見るが、トルコの私学の生徒が主に参加する全国実力テストに、時々一位になった生徒が載っている。これは事前に対策問題を購入して、クラスで対策をすれば、参加者の順位は上がる。

「私のクラスでは対策しないからね、うちの子たちは一位にはならないわよ。保護者懇談会でも言ってあるの、私のクラスは対策しませんから、期待しないでくださいって。子供たちにも言ってあるの、実力で参加しなさいって。でもね、本当は、一位になれる実力の子が、4、5人もいるのよ。小学校最後の、実力テストでは、ちょっとサプライズがあるかもね、ウフフ」

なんせこのクラス、3年生になる頃には、天気の悪い日は、子供たちが家から持ってきた算数の問題を休み時間にボードに書いて、嬉々としてみんなで解いてたからなあ・・・(むろん、先生がいないとき。遊び)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

アンカラママ

Author:アンカラママ
トルコ エスキシェヒル在住

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR