これが1年の差

5年選択どんぐり。学年末まであと3週間。人数は減って、1桁になっている。

今日、どんぐりっ子が、友達を一人連れてきた。普段は運動系の選択授業に行っているのだが、怪我で参加できないので、体験に来たのだ。

アンカラママは、1mxが10問印刷されてある紙を渡す。「どれかひとつ選んでやってみてね」

体験の子が選んだのは、くじらのプランクトン問題。

ところが、倍の絵図が描けなくて、固まっている。

どんぐりっ子が様子を見に来て、友達が簡単な問題がわからないのに驚いて、「ほら、こうやって普通に描けば、、」つい図を書き込んで教えてしまう。

体験の子は、どんぐりっ子たちのお絵描き帳を見て、圧倒されている。

3MX50、赤蛇くんと青蛇くん問題。いったいいくつ計算が連ねてあるのか。大人が書いたみたいな、複雑な図。なにこれ・・

横に座っている子のお絵描き帳。4mx66、ウルトラ時計問題。後ろの席、サブちゃんのサブレ問題。

5年選択どんぐりの作品は、ボードに貼られないので、他の生徒たちは何をやっているのか知らないのだった。

どんぐりっ子は、それまで特に意識していなかったのが、1年の間に、友達との間に、埋めがたい差ができているのを理解する。

お絵描き帳の最初のページを見せて、「ほら、私も最初はこんな簡単な問題から始めたのよ。」0mx問題、不器用な絵図。今から見たら、笑ってしまうほど簡単な問題を、ウンウン言って取り組んでいたのだった。でも、友達は、その簡単な問題が、できないのだ。1年前の自分と同じなのだ。

「これなんかあなたも知ってたら役に立つと思うな。」単位換算表を見せたりするが、お友達は言葉もない。
この子は最初は、単位換算が苦手で、cmとmmの換算も間違うような子だった。




スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

アンカラママ

Author:アンカラママ
トルコ エスキシェヒル在住

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR