進化が遅れる子

週に1度のどんぐりで、クラス全員が進化するか、というと、もちろんそんなことはない。

今年度、アンカラママの授業に担任の先生がずっと入ってくださった2年C組。子供たちの進化が顕著。25人中、ほとんどが順調に進化しており、最初は、明らかに言葉とイメージがつながっていなかった8人ほどの子供も、一人、また一人とつながっていき、学年末に近い今、2人の子供が残った。

先生「この子たちはどうしたらいいのかしら。普段の授業でも、理解できないの。どうかして救ってあげたい」

アンカラママ「先生、私の率直な意見ですが、今の状況では無理です。(時間割を指して)みてください。今日も2時間英語の授業があります。(この学校では、小学部で週9時間英語の授業がある)母国語がわかってないのに、英語の授業を理解していると思いますか?」

先生「そういえば、理解できるわけがないわね・・ただ座っているだけだと思うわ・・ 」

アンカラママ「私たち国際結婚している家族でも、子供をバイリンガルにしようとして、両方とも中途半端になってしまい、失敗するケースがあるのです。母国語があやふやな状態で、外国語を入れようとするのは、子供によっては危険です。」

先生「なんてことかしら。みんなが、英語の勉強はいいことって言うから、疑問に思ったこともなかった」

アンカラママ「私がこの2人の親なら、すぐにこの学校を辞めさせて、公立に入れます。まずトルコ語をしっかりさせるまで、外国語から遠ざける必要がありますからね。でも、私たちそのこと保護者に言えないでしょ」

先生「・・・・」

アンカラママ「それでも、家にいる時間の過ごし方によって、ある程度改善できますから、保護者と話し合わなければなりません。それと、英語の宿題は免除してもらうとか、他の先生の理解も必要なんですよ。」
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

FC2カウンター
プロフィール

アンカラママ

Author:アンカラママ
トルコ エスキシェヒル在住

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR