習ってないからできない!・・アレ?

どんぐり1年目の、2年生が取り組んだ、1MXバッタのサイダー問題。

(2014年の記事より)***************
105円のサイダーを買うのに、81円しかない。差額を3人のお母さんから均等にもらう問題。

2年生は答えが二桁までの足し算と引き算しか習っていない。

今回は、105-81 の計算を、自分で工夫してださなければならない。
******************************
一人の男の子が大声で言った。「この計算、100入ってるからできないよ!ならってないもん」
アンカラママが「そうかな?自分でやりかたを考えてみたら、できるかもよ」
男の子「できない!できない!ぜったいできない!」

ところが、周りのこどもたちが、みんないっしょうけんめい考え出している。

何人かは、筆算を書いてみて、じっと見ている。5-1は、4だ。これはわかる。つぎは、10-8・・?
もしかして、2 でいいのかな?

「せんせい!きて!」すぐに、何人もの手があがる。「ねえ、ねえ、これでいいの?」

幾人かは、マルをいくつも描いて、81からいくつ数えれば105になるか調べている。わかった!24だ!

最初から、105と81を、お金で描いた子供は、目で見てやり方を思いつく。

みんなが、「わかった!かんたん」と言うので、できないと言い張った子供も、口をへの字に曲げて、筆算を書いてみる。

あれ、ほんとうにできた・・

この、自分で工夫して解く経験。この感じ。これが、今後、この子達の人生に、どれだけ影響することか・・

スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

子どもたち、かわいいですね

初めまして。幼稚園年長の娘と今年からどんぐりを始めたばかりの初心者です。
過去から遡って、全ての記事を読みました。ブログを読んでいるとまるでドキュメンタリーをみているようでした!声に出して笑ったり(灰色パンツには爆笑しました)、いろんな子たちとのやりとりが心にぐっときたり…、アンカラママさんの活動には頭が下がる思いです(本当にドキュメンタリーになったらいいのに!と思います)。
そして、まだまだ理解も経験も浅い私には、娘とどんぐりをやっていく際に参考になる部分がたくさんありました。アンカラママさんのように多くの子たちとは関われないですが、ひとまずわが子と丁寧にどんぐりをやっていこうと思います。これからがとても楽しみです。

全然関係がない話。大学生の頃、ヨーロッパを旅行していてイスタンブールから来ていた女の子と少しだけ一緒に過ごした時間がありました。トルコにいる彼氏の絵を描いてくれたのですが、幼稚園児の娘が描くような幼い絵だったことを思い出しました(当時の私には彼女の画力が結構衝撃的だったのです。でも、愛嬌があって、今でもお気に入りの作品です)。

これからも、アンカラママさんの活躍を応援しています。今後も楽しみにブログを読ませていただきます(^_^)

Re: 子どもたち、かわいいですね

マツお母さん、コメントありがとうございます。全ての記事を読んでくださったとのこと、どんぐりと無関係のものも一緒くたなので、かなりの量なのですが、お役にたてたようでうれしいです。なんだかんだと言って、続いているんですよ、自分でも、よく飽きないなあと思います。

お家で年長さんの娘さんとどんぐり、なんて素敵なんでしょう。私は学校で制約された時間の中でやっているので、子供たちのお話を全部聞いてあげられないのが残念です。どうしても、正解を求めてしまう気持ち、わかりますよ。私でも、いまだに残っています。毎回反省ですね。

私はトルコで大人の方にどんぐりを教えることも多いのですが、自分の絵が下手で、と自覚している人は多いですね。日本のような美術、音楽教育を学校で受けていませんから。理科の観察でも、植物の絵を描いたりしますね。そういうことも、ここではやらないんですよ。

でも、普通、日本人は彼氏の絵を描いて他人に見せたりしないですよね。ここの人は素朴で、表裏のない人が多くて、こちらもリラックスできます。今はあまりお勧めできませんが、いつかトルコをご訪問ください。
FC2カウンター
プロフィール

アンカラママ

Author:アンカラママ
トルコ エスキシェヒル在住

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR