1km原体験

アンカラママが小学4年のとき、1kmを実感するために、学年6クラス全員で学校から1キロの距離を歩いた。
それは、確かな、自分の1kmの基準になった。子供の足で、15分かかったのも覚えている。

メートルの基準は、学校のプール。
5m、15m、25m。すぐに長さを思い浮かべられる。

kgの基準は、トレーニングのために、リュックサックに砂袋を入れて、重さをばねばかりで測っていたときのもの。10kg、20kg、30kg。自分の体にかかる負荷で、およその重さがわかる。
子育て中の親なら、子供の体重を思い浮かべるだろう。

1kgは、1L牛乳パック。でも、500gは再現できない。自分の中に、基準がない。

500の数は、小学校のときの全校生徒の数。朝礼で並んでいた光景を思い浮かべる。
阪神大震災は、約6000人がなくなった。あの光景のざっと10倍。

今度、寺子屋メンバーで、1km歩こう企画でもやるかな。
どこに行くにも車ばかり乗ってる子達だから。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

意識する

家が土方業を営んでいる中学生が「1mってこれくらいかな?」とノートに線を引いたり(縮小したのではなく、本気で)、
駅から自転車で15分のところに住んでいる高校生が「駅まで1時間以上かかります」と言ったりします。^^;;

原体験はあるはずなのに、意識していないんですよね。感じていないとも言える。

何を見ても聞いてもしても、身についていないように感じます。学校まで毎日2~3kmの道のりを歩いていても1kmは10mくらいと言ったりするし、家から学校まで、う~ん、10分くらいかな?と言ったり。教室内でできることはやってみたけれども、難しい、と感じました。(;;)

農家やっていたので100g~1kgはよくわかります。
はかりを使わなくてもほとんど誤差なく持った感じでわかりました。コンテナを持っただけで、ほうれんそう20束分だな、とか。同じ仕事やっていても、だんなは全然だめだったんですよ。必要量の倍とったりする。何が違うのかなあ、ってよくけんかしつつ、思いました。^^;;




Re: 意識する

ちゃこさん、コメントありがとうございます。こちらは、アバウトな国民性もあるんです。料理の本を見ても、材料がグラム表示されてなくて、コップ1杯とか、スプーン何さじとか。普通は計量秤なんてないんです。お母さんたち、子供の身長も体重も知らなくても平気です。学校で身体検査がありません。日本の子は、これで、一応cmとkgは体験できると思うんです。こちらはそのチャンスもなし。服を買いに行く時も、メーカーによって、大きさが全然違うんで、身長表示はあてにならない。普段の生活で、一般人は単位を使っていないなあと感じます。昔ながらのバザールで生鮮物を買い物している人は、まだましですが、スーパー利用だったら、もうだめ。

こちらの日本人の間では有名なのですが、大工さんに何か注文しても、採寸がまともにできない。だから、何度もやりなおしになったり、多少のずれがあってもそんなもん、で終わってしまう。床が傾いている、とかいくらでもあります。

これでも、何とかなるんですよね・・・
だから、「どうして君たち!」とは思わないで、「この子らにはもともと原体験がないんだ」と思っています。

へ~~~

トルコはアバウトなのですね!

なのに、なぜ難しい文章題やつめこみ学習を低学年からさせるのか、こんがらがってきました。@@



Re: へ~~~

アバウトだけでなく、何をするにもオーバーです。これも、生存環境が厳しかった遊牧民の歴史から来るものと思います。感情はアジア大陸のウェットさを持ち、洗練されている一部の層を除き、西欧の合理精神を受け入れません。

お客さんをもてなすときは、テーブルが倒れそうなほどのご馳走、愛情を示すときは、くどいほどの表現。以前、大学生の女の子から壁掛けをもらったのですが、「汝の目 我を見ずんば 盲人たれ」と書いてありました。「慎ましさ」とか、「遠慮」とか、「ほどほど」とかの日本的な美徳が通じません。

薬も、たくさん飲むほど効果がある、と信じている人がいます。勉強もしかり、なんですね。
ある私学で、保護者が「うちの子は毎日宿題に追われて、もう倒れそうです」と校長先生に訴えに行きました。校長の答は、「では倒れる寸前までやらせなさい」でした。

また、ひと昔前までは、先生という職業は、学のない人々を導く、社会的地位が高い仕事でした。今は、都市部では学歴がある保護者が増え、自分の子供も高学歴に、とのぞみ、先生のやり方に不満を持つ人も増えました。先生が気に入らないと、見切って簡単に子供を転校させてしまいます。

低学年から難しい文章題をさせるのは、そのような保護者対策なのと、現場と業者の癒着があります。
子供たちは全然わかってないんですけどね・・・
FC2カウンター
プロフィール

アンカラママ

Author:アンカラママ
トルコ エスキシェヒル在住

最新記事
最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR